文学は別解で行こう

個数:

文学は別解で行こう

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月19日 17時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 246,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560028292
  • NDC分類 950.2
  • Cコード C0022

内容説明

「プルーストには髭があるが、コクトーにないのはなぜか?」「印象派はなぜ貧乏なのか?」「『八十日間世界一周』は冒険小説ではない!」などなど、意表をつく発見に満ちた著者初の文学評論集。

目次

信用の旅としての『八十日間世界一周』
サン=シモン主義者バルザック―創造神の開発=利用
ワーグナーとパリ万国博覧会
予想屋マルクスによる二月革命リーグ戦展望
ヴィクトル・ユゴー―山頂の懐胎と鳥瞰的視点
未完の愚劣の記念文書
デカダンスの逆説―ユイスマンスの『さかしま』について
リュパンの奇巌城を訪ねる
軽金属の詩人―いま、蘇るジャン・コクトー
ジャン・コクトー、存在の難しさ
二流の人のポジション
少年時代の光―オリヴィエと1930年代のフランス
青春小説「ラ・ボエーム」はこうして生まれた
『天井桟敷の人々』とその時代の巴里
彼らがビンボーだった理由―印象派の“必然的貧乏”を解明する
モード・ジャーナリズムの系譜
フランス近代文学とスポーツ

著者等紹介

鹿島茂[カシマシゲル]
1949年生。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。共立女子大学文芸学部教授。19世紀仏文学専攻。主要著書に「『レ・ミゼラブル』百六景」。「馬車が買いたい!」。「子供より古書が大事と思いたい」。「愛書狂」。「パリ五段活用」。「バルザックがおもしろい」(共著)。「職業別 パリ風俗」。「セーラー服とエッフェル塔」。主要訳書に画・マルレ、文・ソヴィニー「タブロー・ド・パリ」。バルザック「ジャーナリズム性悪説」。バルザック「役人の生理学」。バルザック「ペール・ゴリオ」。フィエロ「パリ歴史事典」(共訳)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

プルーストには髭があるが、コクトーにないのはなぜか? 『八十日間世界一周』は旅行小説ではない! その他、印象派の「必然的貧乏」の解明など、汲めども尽きぬ鹿島ワールド!