変死するアメリカ作家たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560027981
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C0098

内容説明

日本であまり知られていない作家たちの変死ぶりから、20世紀アメリカの時代精神と彼らの反逆や渇望を描く。

目次

デルモア・シュワルツの悲劇
ハリー・クロスビーと失われた世代
早く来すぎた男ナセニェル・ウエスト
「偉大なアメリカ小説」を夢見たロス・ロックリッジ
ゴールデン・ゲイト・ブリッジに消えたウェルドン・キース

著者紹介

坪内祐三[ツボウチユウゾウ]
1958年東京生まれ。早稲田大学卒。雑誌「東京人」の編集者を経て執筆活動に入る。2001年『慶応三年生まれ七人の施毛曲り』で講談社エッセイ賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)