• ポイントキャンペーン

ローマ・ミステリーガイド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 240,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560027714
  • NDC分類 293.7
  • Cコード C0095

内容説明

歴史の深部へ。二度目のローマはここに行こう。

目次

ローマ市内(幸せな死体―カップッチーニ修道会地下聖堂;殺す女、殺される女―犯罪博物館;死体拾い―サンタ・マリア・デッラ・オラツィオーネ・エ・モルテ教会;激愛ベルニーニ―サン・ピエトロ大聖堂;そこに眠るもの―カタコンベ;古代ローマお墓事情―旧アッピア街道;ナポレオンの妹の恋―ナポレオン博物館;エジットマニア―ピラミッドとヴァティカン・エジプト博物館;世界は闇で生まれた―サン・クレメンテ教会、カラカッラ浴場;賢者の石と魔法の扉―ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世広場)
ローマ郊外(聖なる森―ボマルツォの怪物庭園;そして船はゆく―ネミ湖;死にゆく町―チヴィタ・ディ・バーニョレージョ;父と娘―ボルセーナ)

著者等紹介

市口桂子[イチグチケイコ]
大阪府出身。大阪外国語大学卒。ボローニャ在住。漫画家、エッセイストの仕事を続けるかたわら、多数の日本の漫画・書籍をイタリア語に翻訳
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

これでいいのだ@ヘタレ女王

21
最近行って来たばかりなので復習の意味も含めて読んでみた。かなりマニアックな場所ばかりなのだが、驚いたことに殆ど行っていた!しかも、こんなに遺体が安置されていたとは、、どうりでオーブだらけだと思ったと妙に納得。かなりディープな世界なので実際にこれから個人で行く予定があるとか、復習したいひとにぴったりの本だと思う2014/05/24

aisu

11
骸骨装飾の地下聖堂の話から始まります。ガイコツ苦手なので、文章で丁寧に書き記されているのを読むのが「ウゲッ」となりつつ…。あ、ちゃんと理由があって土葬…その実態は…的な話はダイジョウブなのですが。その次が犯罪博物館…。あー、同じシリーズのフィレンツェ編と同じコンセプトですね…。しかし、古代から今に至るローマのお墓事情とか、ベルニーニとか、ナポレオンの妹とか、面白かったです。2018/06/03

ほちょこ

8
さすがは太古の昔から都であったローマ、今でもその帝国のなごりが残ってる。その中には、ミステリとも残虐な過去の足跡ともいえるようなものが、きっちり現れている。ローマに行きたくなる。そして、ローマ帝国の時代を肌で感じたくなる一冊。2015/04/08

さくは

1
歴史トリビアガイドブック、ローマ編。ボマルツォの怪物庭園も紹介されている。印象に残ったのは、ローマ時代のエジットマニア(エジプトマニア)と湖に沈んでいた古代船。2015/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/141069

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。