青騎士

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784560027134
  • NDC分類 704
  • Cコード C0070

出版社内容情報

カンディンスキーとシェーンベルクの奇跡的な出会いが生んだ美術理論文献の白眉。芸術の「新約聖書」とも呼ばれる名著。

内容説明

カンディンスキーとシェーンベルクの奇跡的な出会いが生んだ、芸術理論文献の白眉。第一巻のみで消えた幻の年刊誌『青騎士』、1912年の初版豪華本を完全に復元。図版155枚(カラー6葉)、折込み楽譜2葉4頁。

目次

精神的な財宝
ドイツの「野獣派」
二枚の絵
ロシアの「野獣派」
引用(ドラクロワ)
仮面
歌詞との関係

絵画における再生のしるし
引用(ゲーテ)
音楽におけるアナーキーについて
ロベール・ドローネーに見られるコンポジションの手段
オイゲン・カーラー
スクリャービンの「プロメテウス」
自由な音楽
フォルムの問題について
引用(ローザノフ「イタリアの印象」より)
舞台コンポジションについて
「黄色い響き」(舞台コンポジション)

著者等紹介

岡田素之[オカダモトユキ]
1942年生まれ。1971年早稲田大学大学院博士課程修了。ドイツ文学・表象文化専攻。早稲田大学教授

相澤正己[アイザワマサキ]
1947年生まれ。1979年早稲田大学大学院博士課程修了。ドイツ文学専攻。早稲田大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ワルサーP1128

2
ドイツ表現主義の代表的なグループ「青騎士」のマニュフェスト(宣言)を1冊の本に編んだもの。日本ではまだまだ知られていないけど、僕は「青騎士」派のなかでは、カンディンスキーよりもフランツ・マルクが大好きで、図録とかいろいろ集めていました。けれども意外と、文章も巧みで、なんで芸術家の人って言葉巧みなんだろうって思うぐらい、魅了される文体で書かれています。カラーの図版がたくさん掲載されて、かつ読み応えもあります。

ハマダしょうたろう

0
19世紀末から20世紀初頭は、芸術における激動の時代であった。 芸術の中の絵画は、旧来からのアカデミズムの支配から脱却する ために、絵画の平面性を追求し、自立した絵画を求めたセザンヌ、 イリュージョンと再現を確立したキュビズムのピカソやジョルジ ュ・ブラックという名高い人々が頭角を現した時代である。  そして、ドイツにおいて個々の芸術家が持つフォルムと精神  抽象性を中心としたカンディンスキー率いる「青騎士」が出現するのだ。2013/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/398435

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。