マルセル・デュシャン書簡集

個数:

マルセル・デュシャン書簡集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 10時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 501p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560027073
  • NDC分類 723.35
  • Cコード C0070

内容説明

『階段を下りる裸体、No.2』の出品を拒否され油彩画をやめるきっかけとなった、1912年のサロン・デザンデパンダン(独立美術家展)から死の当日1968年10月1日まで、編者ナウマンが約20年かけて収集したデュシャン自筆の手紙のうち、マン・レイ、ピカビア、ブランクーシ、ブルトンなどおよそ50名に宛てた手紙300通近くを厳選して収録。さらに書簡の内容を理解するための1000にも上る傍注、主要な作品・展覧会の年表、主な宛先人の小伝、作品の詳細なデータなども記載した、まさにデュシャン小事典というべき充実の資料集。

目次

ヌイイー、ミュンヘン、パリ―1912‐1915
アメリカへの移動(ニューヨーク―1915‐1918;ブエノス・アイレス―1918‐1919;ニューヨーク、パリ、ルーアン―1919‐1923)
ヨーロッパへの帰還(ブリュッセル、パリ―1923‐1927;パリ、ラレー通り(1927‐1933;1934‐1940)
アルカション、グルノーブル、サナリ―1940‐1942)
アメリカへの移動(ニューヨーク、西14丁目210番地(1942‐1946;1947‐1950;1950‐1953)
ニューヨーク、東58丁目327番地―1954‐1959
ニューヨーク、西10丁目28番地―1959‐1964
ニューヨークとヌイイー=シュル=セーヌ―1964‐1968)

著者等紹介

北山研二[キタヤマケンジ]
1949年生まれ。東京外国語大学大学院(修士課程)修了。現在、成城大学文芸学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

4
唯名論者には手紙とは何か?「階段を降りる裸体No.2」(1912)のタイトル変更を拒絶して物議をかもした手紙に始まる本書を、固有名はどこまで対象を指示可能か?と疑う唯名論者の問いを念頭にページ上の様々な名をチェス盤を動く駒さながらに読むと、逆に書物がデュシャンという名のプレイヤーの指し手に思えてくる。彼が骨董屋で買った古絵葉書に文字を重ね書きして送ってきたという話を荒川修作から聞いた時、絵葉書も他人の筆跡も彼の創作じゃないか?と荒川が疑ったのは、唯名論者と表裏一体の実在論者の顔がふと見えたからではないか。2017/09/06

伊野

3
美術作品に観念を取り入れたアーティスト、デュシャンの285通に及ぶ書簡から読み取れる多様な顔。自由奔放なのかと思いきや、マネジメントに関しては結構やり手な印象。それと見逃せないのがチェスプレイヤーとしての一面。デュシャンの生涯においてチェスが占める割合は非常に大きかったと思われる。2016/03/21

ULTRA LUCKY SEVEN

2
これは凄い資料。デュシャンの思考、どんな伝記よりもリアルなドキュメント。アーティストはビジネスマンをやっても成功するのではないか。こんなに自由でボヘミアンな人だけど。そう思わせるほどリアルでクール。2010/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/268909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。