写真ノ話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560027035
  • NDC分類 740.4
  • Cコード C0072

内容説明

私写真、中年女、少女、人妻、エロトス、日記、日本人ノ顔、ドキュメンタリー…荒木経惟をめぐるさまざまなキーワードについて、朝から晩まで、自らの言葉で軽妙洒脱に語りつづけ、女性を美人に撮る方法やアングルとフレーミングの勉強の仕方など、具体的なテクニックをもしっかりと伝授。これぞ、写真家になるための教科書だ。

目次

第1部 朝(『ARAKI by ARAKI』;チロちゃん大好き;浄閑寺のころ ほか)
第2部 昼(アタシが電通の社員をヤってたころ―写真ノ修業時代(一九六三~七一年)
アタシが独り勃ちしてから―写真ノ絶倫時代(一九七二~八九年)
アタシが萎えたりしないわけ―写真ノ絶頂時代(一九九〇年~))
第3部 (「指想家」として、ドキュメンタリーについて語る)

著者紹介

荒木経惟[アラキノブヨシ]
1940年5月25日、東京府下谷区(現・東京都台東区)三ノ輪の生まれ。写真家。63年、カメラマンとして電通に入社。64年、『さっちん』で第1回太陽賞を受賞。71年、自らの新婚旅行を撮影した私家版『センチメンタルな旅』で写真家宣言。88年、AaT RooMを開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)