恋愛戯曲 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026953
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0074

内容説明

「恋愛ドラマの女王」をめぐり奇妙なラブアタックが繰り広げられていく―5人の男女がおりなす、傑作戯曲の決定版。

著者等紹介

鴻上尚史[コウカミショウジ]
1958年生。早稲田大学法学部卒。劇作家・演出家。第三舞台、KOKAMI@network(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

CAFECAFE

5
今週末、深キョン主演で映画として公開、と言う訳で原作を読んでみる。崖っぷちの売れっ子脚本家 谷山と、冴えないTVプロデューサー向井が特別枠ドラマの脚本を仕上げようとする。が、時間が無い。脚本家とTV屋と闖入者2名の計5名で進むラブコメだが、軽めに見えてそうでもない。3レイヤーと言うか3ステージ構成で、現実と虚構の切り替わりと、微妙なキャラの違いが面白い。「私と恋におちてください」ドロンジョと言い深田恭子は美人過ぎて奇特な役がよく似合う(笑)。原作は舞台向けの戯曲。それを映画としてどう見せるのかも楽しみだ。2010/09/22

まゆ

4
駄作でした。The鴻上尚史!っていう本で、フィクションとメタファーを織り交ぜて、3つの物語を同時進行で見せる構成。力作どうしなら問題ないけれど、今回のような退屈な話を織り交ぜると、構成からうざったい。「私と恋に落ちてちょうだい」というセリフは勢いがあったけど、その後やるか、やらないかで延々と騒いでて呆れた。方向性を間違えた本だったかもな。私はメタファーを間に入れる戯曲はもう古い気がしてならない。2014/02/22

AR

1
おもろいなぁ。こういうやり方もあるんか。虚無の供物みたいなもんかと思ったら、また微妙に違うというのがいい。2013/02/19

1
演劇部の引退公演でやった思い出の脚本

Tan Tan

0
かなり前に購入した鴻上尚史さんの戯曲を再読。 男3人女2人の作品なので少人数でも出来る戯曲で、芝居の階層が三層になっているのも面白いです。 どこから階層が変わってるのか混乱します(-。-;2016/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/558954

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。