プラートの商人―中世イタリアの日常生活 (新装復刊)

個数:

プラートの商人―中世イタリアの日常生活 (新装復刊)

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月18日 11時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 503,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026335
  • NDC分類 237.04
  • Cコード C0022

内容説明

一八七〇年、十五万通にも及ぶ中世イタリア商人の書簡が発見された。本書は世に名高いこのダティーニ文書をもとに、中世商人フランチェスコとその家族・郎党の日常生活を描き出したものである。

目次

第1部 商人(アヴィニョン時代;プラートと織物業;国内および海外の通商;商社と社員;金)
第2部 家庭生活(夫婦;家族;家族の友人;家;農園;私的帳簿;食物、酒、医薬;疫病と悔悛;晩年)

著者紹介

オリーゴ,イリス[オリーゴ,イリス][Origo,Iris]
1902年、英国生まれ。父親の死後、アイルランド貴族出身の母とともにフィレンツェの大邸宅に移り住む。1924年、オリーゴ侯爵の息子と結婚。シエナに居を構え、三人の子をもうけるが、長男の死を機に執筆活動を開始。1935年、詩人レオパルディの伝記を出版し、高い評価を得る。第二次世界大戦中は、ナチスの手から逃れた難民の子や捕虜をシエナの邸宅にかくまった。大戦後も数々の歴史書や伝記を執筆。1977年、大英勲章(DBE)を授与される。1988年没

篠田綾子[シノダアヤコ]
1927年上海生まれ。東京大学文学部英文学科卒

徳橋曜[トクハシヨウ]
1960年東京生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程(史学専攻)単位取得満期退学。イタリア中世史専攻。富山大学人間発達科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

1870年、15万通に及ぶ中世イタリア商人の書簡が発見された。この名高いダティーニ文書をもとに、中世商人とその家族・郎党の日常生活を描き出す。