• ポイントキャンペーン

キケロ―もうひとつのローマ史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 493,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026212
  • NDC分類 131.8
  • Cコード C0023

内容説明

ローマ最大の弁論家・政治家・哲学者キケロ。カエサルやアントニウスとの不和、歴史的な名言、演説、手紙を織り込みながら、その激動の生涯を生き生きと描く。

目次

さまざまな断層―危機に瀕した帝国
息子よ、常に一番であれ!最も勇敢であれ!―アルピーヌムからローマへ
聖なる場所―名誉の階梯
「新人」執政官―深まる陰謀
色男の逆襲―窮地に立つヒーロー
盛衰―三人組の天下
理想的な政体―政治を論ず
キリキアという幕間―内戦の気配
「言い知れぬ狂気」―共和政擁護の戦い
勝てば独り占め―ローマの支配者カエサル
「軍服はトガに服すべし」―哲学的考察
「何事だ、これは暴力沙汰ではないか!」―紀元前四四年三月十五日
世継―オクタウィアヌス登場
ローマの第一人者―キケロの内戦
浜辺の死―共和政の終焉
事後の検証

著者紹介

エヴァリット,アントニー[エヴァリット,アントニー][Everitt,Anthony]
1940年生まれ。ケンブリッジ大学コーパス・クリシティ・カレッジ卒業。アーツカウンシルに長年勤務し、事務局長を歴任した後、ジャーナリストとして活躍。本書を皮切りに作家活動に入る

高田康成[タカダヤスナリ]
1950年生まれ。国際基督教大学卒業後、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。大阪大学、東北大学文学部を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授。表象古典文化論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)