メディチ家の墓をあばく―X線にかけられた君主たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

メディチ家の墓をあばく―X線にかけられた君主たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 09時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026182
  • NDC分類 288.3
  • Cコード C0022

内容説明

腐敗した布の切れ端から、ミイラ化した皮膚から、病に冒された遺骨から、X線調査によって一族の栄光と聖性をさぐる、異色のドキュメンタリー。

目次

サン・ロレンツォ聖堂とメディチ家礼拝堂
礼拝堂はパイ生地のごとく
一族の埋葬 歴史と伝説
一五五九年/一八九五年 ロレンツォ・イル・マニーフィコ 遺骸発掘
一七九一年 霊廟満杯 初の墓所全体調査
一八五七年 レオポルド二世による遺体調査
ヴィオランテ、安らぎなき姫君
一八七五年 「曙」と「黄昏」の危機
土産狩り
二つの遺品に四つの名〔ほか〕

著者等紹介

市口桂子[イチグチケイコ]
大阪府出身。大阪外国語大学卒。ボローニャ在住。漫画家、エッセイストの仕事を続けるかたわら、多数の日本の漫画・書籍をイタリア語に翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ののじ

0
メディチ家の謎はまだまだ続く…。それにしても、ジュリアーノの頭蓋に残る傷が痛々しい…2013/06/29

釈聴音

0
謎だけ提起されて、解決がないミステリーを読まされた感じ。何せ調査自体が全然進んでいないのだ。全貌が明らかになる日を待ちたい。2012/06/26

ユーディット

0
物足りない気もするが、あっという間に読めたということは面白かったということでしょうか。一般にメディチ家の歴史として知られてないエピソードも多少あった。ロレンツォの鼻の頭蓋骨写真がリアルで鼻声だったという文献を裏付けているように見えたし、実際にピッティで見た衣類が発見された時の様子が心に迫った。アレッサンドロ黒人説に関しては納得いかなかったのがすっきりした。2012/03/16

fuchsia

0
初心者にも判りやすい考古病理学のレポートとして読む分には非常に面白かったです。とにかく、ヨーロッパ貴族・王族の巨大な「石棺」は、あの中は一体どうなっているのよ、という恐怖に満ちている存在だったのですが、気候や石造りの教会堂の地下に安置という特殊条件のせいか、結構な割合で死蝋化(脂肪と水分がアルカリ性の化学変化をおこして蝋化する一種のミイラ?)していたらしい。というわけで、ウフッツィ美術館に展示してあるメディチ家の人々の衣装なんぞは本当の経帷子だったりするわけで・・・やはり恐ろしい。2006/12/01

ネロ

0
目が合ったので読んでみた。副題が『X線にかけられた領主たち』題名通り墓を掘り起こして、有名な人々の死因やその時代について探っていくというもの。そんな事していいのかなと読みながら思ったが、それは当事者達も常に考え周囲からも幾度も問いかけられた問題だったようだ。 考古病理学なんて分野があったとは知らなかった。幾度か墓を移動したり、調査したり、墓泥棒に遭ったりしているので調査は容易ではなかったらしい。 この本はプロジェクト・メディチの開始直後に書かれたようなので、その後の結果については記されていない。気になる。2019/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/54101

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。