シェイクスピア贋作事件―ウィリアム・ヘンリー・アイアランドの数奇な人生

個数:

シェイクスピア贋作事件―ウィリアム・ヘンリー・アイアランドの数奇な人生

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月23日 05時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 276,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026120
  • NDC分類 932
  • Cコード C0022

内容説明

文豪シェイクスピアの文書を多数贋作した、弱冠19歳の若者の素顔に迫る!18世紀の英国を騒然とさせた男―その波瀾の生涯を辿り、贋作の驚くべき手法と、意外な動機を明かす、異色の評伝。

目次

「此処で自然は、その最愛の少年を育んだ」
「学校の不名誉になるくらい、ひどく愚鈍」
「蜜入りの毒を貪るように飲みながら」
「金めっきの罠」
「機知に富んだ地口の謎」
「私の目の前にある、この、値の付けようのないほど貴重な遺物」
「どんなシェイクスピア商人にも」見せない
信じるべきか信じるべきではないか
たった一回の上演
「息子さんは、あれやこれやで神童だ」
「きわめつきの狂人」
「蒙った汚名を雪ぐ」

著者紹介

高儀進[タカギススム]
1935年生。早稲田大学大学院修士課程修了。現代英文学専攻。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)