エセー〈7〉

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

エセー〈7〉

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年05月16日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560025802
  • NDC分類 954
  • Cコード C1010

出版社内容情報

知識人の教養書として古くから読みつがれてきた名著。待望の新訳ついに完結!「空しさについて」「容貌について」「経験について」等

新訳全7冊、ついに完結
 「われわれは死ぬことを心配するせいで、生きることを乱しているし、生きることを心配するせいで、死ぬことを乱している。生はわれわれを苦しませ、死はわれわれをおびえさせるのだ」
 新訳『エセー』の最後の1冊である本書は、著者円熟の「第3巻」の後半部にあたる。37歳で早々と高等法院判事を引退し、隠遁生活のなか書き上げた第1巻・第2巻を刊行した後、モンテーニュはドイツやイタリアへ1年半に及ぶ大旅行に出かけ見聞を広げた。やがて、血で血を洗う宗教戦争が苛烈を極めた地元ボルドーに呼び戻され、新旧両派の調停役としての市長職を5年にわたり務めることになる。
 その厳しい経験の中から導き出したモンテーニュの人間哲学が、第3巻に注ぎ込まれている。自己・人間・生死についての徹底した観察と探究が、『エセー』の「真骨頂」と言われる第3巻において、より一層深められているのは、まさにそうした背景による。「空しさについて」「容貌について」「経験について」など、とくに引用されることの多い5編を収録。巻末に『エセー』7冊の全目次、「モンテーニュ略年譜」付。

第三巻(つづき)
第九章  空しさについて
第一〇章 自分の意志を節約することについて
第一一章 足の悪い人について
第一二章 容貌について
第一三章 経験について

『エセー』全巻目次
モンテーニュ略年譜
訳者あとがき

【著者紹介】
HASH(0x3cee678)

目次

空しさについて
自分の意志を節約することについて
足の悪い人について
容貌について
経験について

著者等紹介

モンテーニュ,ミシェル・ド[モンテーニュ,ミシェルド] [Montaigne,Michel de]
1533‐1592。フランス・ルネサンスを代表する哲学者・モラリスト。ボルドー高等法院等で裁判官を16年間務めたのち、37歳で領地のモンテーニュに隠退する。以後家長として領地管理に当たる傍ら、読書と思索に身を捧げる。1580年に『エセー』初版(第一、二巻)を発表。ドイツ・イタリアなどへの一年半にわたる大旅行を経て、1581~1585年にボルドー市長を務める

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年生まれ。放送大学教授、東京大学名誉教授。フランス・ルネサンスの文学と社会、書物の言語態(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

amanon

5
全七巻、やっとで読み終えたか…内容は比較的平易だったように思うのだけれど、なぜかその中に入っていけず、途中何度か中断することに。それでも、あちこちに付箋を貼った箇所があるので、やはり感ずるものがあったということか?それと同時に未消化な箇所も少なからずあり、いずれ読み返す楽しみも得られる。他の感想でも言及されているように、著者の晩年に書かれたということで、達観や円熟味を感じさせるが、決して悲観的になっていないのはさすが。この域に達することができる現代人はごく稀だろう。人生の折り返し地点を過ぎた者のバイブル?2021/05/25

ハルバル

5
彼の試み(エセー)を全巻読み進めてきての最終章「経験について」は、以前断章で読んだ時とは比べようもないほど感慨深かった。最後だからでもあるが、自然を抱擁するかのように穏やかに死を迎えようとする態度に感動した。略奪の危険やペストの蔓延の中でまた思考の幅を広げ、宗教内戦を見て寛容を説く彼に、見習うべき点はまだまだある気がして、何度でもその試みを読みながら、私も自身の試みをし続けていきたい。哲学する、というより生きる為の書物であり、古典の自在な引用も含めて、ルネサンスに生まれた奇跡の書物だと思う。2016/05/23

Hotspur

1
うーん、無茶苦茶おもしろい。とりとめなく、グダグダしたいい加減な感じがとても好ましい。前に原二郎訳で読んだときにはダラダラした教養主義という感じでさっぱりだったが、今回はなぜか全く違う。訳が原因なのか弊方の変化なのか分からないが。「わたしがここでお目にかけているものも、まあ少しはお行儀がいいけれど、ときには固くて、ときには軟らかくて、いつもまともには消化できてはいないところの、年老いた精神の排泄物なのである」(空しさについて)。2019/12/13

takawagner

0
最後の巻、読了です。長い道のりでした。最後の最後、アイソポスのエピソードで全部ふっとびました。 ただ、内容とはあまり関係ありませんが、変換や句読点の印刷ミスがまま見られたのが残念でした。2016/12/04

DEN2RO

0
第3巻後半、全巻の最後です。自由闊達な精神を感じることが心地よいので、主題は何かなどはどうでもよくなります。自分が日頃考えていることが述べられていてうれしくなったりしますが、実は30年以上前の若いころに読んだものがしみ込んでいたと考えるべきなのでしょう。2016/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10436785

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。