運命の女神―その説話と民間信仰 (新装復刊)

運命の女神―その説話と民間信仰 (新装復刊)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 336,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560024584
  • NDC分類 388.3
  • Cコード C1039

出版社内容情報

<書物復権2005年・8社共同復刊>
「運命の女神」という最もグローバルな伝説を口承資料と祭祀を中心に民俗学的に考察し、人類の基層の信仰文化を解明する。民話学の画期的労作。

内容説明

子供が生まれて三日目の夜、運命の女神たちが訪れ、その子の死について予言する。それはあらゆる努力にもかかわらず、意外な形で成就する。この最もグローバルな古典的な伝説を、現代の詳細な口承資料と祭祀を中心に民俗学的に考察し、人類の基層たる信仰文化を解明する。民俗学の画期的名著。

目次

第1部 運命の女神の民間説話(古代の運命説話;東洋の運命説話;ヨーロッパの定められた死の運命伝説)
第2部 運命の女神の民間信仰(ギリシア人の運命の女神(モイラ)
アルバニア人の運命の女神の民間信仰
ルーマニア人の運命の女神
スラヴ民族の運命信仰 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takayuki Oohashi

8
古の西欧の人々は予期せぬ不幸に見舞われた時に、それが生まれた時から運命の女神に定められていたとして、納得しようとしたそうです。それを豊富な事例と共に紹介している本です。僕の書いているショートショートのノルンのことも具体的な紹介で書いてあります。創作の参考文献としては、一級の資料本だと思います。2015/09/12

兵士O

7
ヨーロッパのキリスト教が入る前の民間信仰では、子供が産まれた時に供え物がなかったり、家族に横柄な人がいたりすると、運命の女神が気を悪くし、子供に不幸を予言し、実際確実にそうなると信じられていたそうです。この本ではそれだけでなく、古代ギリシャのオイディプス伝説(実の母と結婚する息子の話)による民間説話への伝播の項や、運命の女神の説話がキリスト教化されて幸せな結末になる例など、いろいろな側面からこのテーマを考察・記述しています。僕が別な本の感想で書いたノルナゲストの伝説もぜ~んぶ、この本では網羅されています!2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1731995

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。