ヨーロッパ小説論 (新装復刊)

個数:

ヨーロッパ小説論 (新装復刊)

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 362p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560024331
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C1098

内容説明

二十世紀の名作九編を取り上げ、既成のいかなる観念体系をも援用せず、作品の内部にあって作中人物を動かし、劇の進行を促している力を摘出し、それを光源として作品の意味の構造を照らし出す、ニュー・クリティシズムの驍将による小説批評。

目次

第1部 エロスの五つの型(具現の弁証法―トルストイの『アンナ・カレーニナ』;息子を探すユダヤ人―ジョイスの『ユリシーズ』;ところを得ぬ美―フローベールの『ボヴァリー夫人』;群小対立物の主―マンの『魔の山』;パロディーと批評―マンの『ファウスト博士』)
第2部 ドストエフスキー研究(『罪と罰』―きみ自身の部屋におきた殺人;『白痴』―荒れ狂う善;『悪霊』―鳥篭のなかで;『カラマーゾフの兄弟』(疾駆するトロイカと地下生活者の惰力;大審問官と悦びの酒;頑強な農民と聖者の悲劇))

著者紹介

ブラックマー,R.P.[ブラックマー,R.P.][Blackmur,R.P.]
1965年没。享年61歳

出版社内容情報

ジョイス『ユリシーズ』、ドストエフスキー『罪と罰』など9編の小説の内部にある力を摘出し、そこから小説の構造を照らし出す論集。<初版1975年>