誘惑者の日記 (新装復刊)

誘惑者の日記 (新装復刊)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560024119
  • NDC分類 139
  • Cコード C1010

出版社内容情報

 憂愁と罪の意識から婚約を破棄した若き誘惑者キルケゴールが、冷徹な認識と抒情性を武器に生の実相に迫った永遠の青春文学。

内容説明

憂愁と罪の意識から婚約を破棄した若き誘惑者キルケゴールが、冷徹な認識と抒情性を武器に生の実相に迫った永遠の青春文学。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

amanon

3
日記と言うより、やや長めのアフォリズム集といった方がいいくらいに、今一つ一貫した流れに欠ける。何より恋人コーデリアとの関わりについての言及が意外な程少なく、語り手の「ああでもない、こうでもない」というモノローグが延々と続くという感じで、入り込めないことこの上ない…でも、なぜか妙に惹き付けられる物を感じて、訳が分からないながらも、結局最後まで読み進めることに。巻末の解説でも示唆されているとおり、本書はかなり読者を選ぶ類の書物なのだろう。個人的には訳文が固く、注釈が不親切な気がした。いずれ他の訳で読みたい。2014/08/20

蝉海

0
http://www.geocities.jp/trushbasket/data/my/dame01.html→ここのコラムを読んで、本書を手に取った。が、読んでいてかなりだれた。一人の女性に対する妄想が、分かり難い比喩や冗長で読み難い文章を以って延々と綴られていくだけという内容なので、私のように野次馬的興味を持って紐解いた人や、哲学者特有の明察な美学的見識を期待して読むと、相当にキツいと思う。ちなみに、有名なメイド萌えの熱論は189ページから。2014/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/253867

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。