オルテガ著作集 〈4〉 危機の本質 前田敬作 (新装復刊)

オルテガ著作集 〈4〉 危機の本質 前田敬作 (新装復刊)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560023792
  • NDC分類 136
  • Cコード C1310

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅん

13
オルテガの哲学は「批評としての哲学」であるという解説の言葉に深く頷いた。つまり、彼の方法は何らかの先立つ対象を観察・解体して、進むべき方向性を示すもの。内部の探索者というより外部を眺める傍観者なのだ。ただ、その批評は常に人間的生の根本とつながっていたが故に、同時に哲学でもあったのだと思う。『危機の本質』『体系としての歴史』の二作を収録した本著では歴史を見渡し、二つの危機の時代の様相を現代に重ねる。世代論、宗教論もからめて不安定な人間の生を描写する言葉は、1936年の時勢の中で高い熱を帯びている。2017/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1082781

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。