ニーチェ全集 〈第2期 第4巻〉 偶像の黄昏遺された著作(1888-89年)

ニーチェ全集 〈第2期 第4巻〉 偶像の黄昏遺された著作(1888-89年)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 597p
  • 商品コード 9784560019641
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1310

出版社内容情報

1 ツァラトゥストラはこう語った 2 善悪の彼岸 3 道徳の系譜/ヴァーグナーの場合/遺された著作(1889年)――ニーチェ対ヴァーグナー 4 偶像の黄昏/遺された著作(1888年~1889年)――アンチクリスト・この人を見よ・ディオニュソス頌歌 5 遺された断想〈1882年7月~1883年夏) 6 遺された断想〈1883年5月~1884年初頭) 7 遺された断想(1884年春~1884年秋) 8 遺された断想(1884年秋~1885年秋) 9 遺された断想(1885年秋~1887年秋) 10 遺された断想(1887年秋~1888年3月) 11 遺された断想(1888年初頭~1888年夏) 12 遺された断想(1888年5月~1889年初頭)/ニーチェ生活記録(1869年~1889年)(M.モンモィナーリ編)

内容説明

ニーチェ全集の決定版として読書界待望の西独グロイター版からの完全邦訳。若い読者のニーチェ体験はこの全集に始まり、今後のわが国におけるニーチェ研究はこの礎石の上に築かれる。第1期につづいて、第2期全12巻を完璧な邦訳陣で贈る。

目次

偶像の黄昏―あるいは人はいかに鉄槌(ハンマー)をもって哲学するか
遺された著作(アンチクリスト―キリスト教呪詛;この人を見よ―人はいかにして自分自身になるか;ディオニュソス頌歌)