品質工学講座 〈1〉 開発・設計段階の品質工学

個数:

品質工学講座 〈1〉 開発・設計段階の品質工学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月19日 13時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 360p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784542511019
  • NDC分類 509.66

内容説明

本書は、本講座の第1巻であり、開発・設計段階における品質工学として、設計定数、工程定数の中心値を決める方法であるパラメータ設計と設計定数の中心値の前後に与える許容差の設計を能率よく実施する方法を解説したものである。生産性向上に関係する設計作業の合理化を目的としている。

目次

第1章 品質と生産性
第2章 損失関数と許容差設計
第3章 許容差の決め方
第4章 望小特性のパラメータ設計
第5章 望大特性のパラメータ設計
第6章 望目特性のパラメータ設計 理論式のある場合
第7章 実験による望目特性の設計
第8章 計数分類値のパラメータ設計
第9章 動特性の分類とSN比
第10章 動特性〈能動的〉のパラメータ設計
第11章 受動的機能のパラメータ設計
第12章 オン・オフシステムのパラメータ設計
第13章 ディジタルシステムの品質設計
第14章 ベクトル量のSN比
第15章 2乗和の分解
第16章 SN比とその役割
第17章 直交表とその役割