人間選書<br> 核の世紀末―来るべき世界への構想力

個数:

人間選書
核の世紀末―来るべき世界への構想力

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 166p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784540910920
  • NDC分類 319.8

内容説明

いまから約100年前―1895年のレントゲンによるX線の発見に始まる「核の世紀」は、ネバダ、広島、長崎、セミパラチンスク、チェルノブイリと続く「被爆の世紀」でもあり、人類史上空前のエネルギー消費が、人間を含むすべての生命の環境を脅す時代の始まりでもあった。一方、その数年間の世界体制の激変は、人類が大きな文明史的転換点を迎えていることを如実に物語っている。その総括をふまえ、「次なる世紀」の科学と技術、人と自然の関係としての文明のありようを、日常生活の最深部から提起する。

目次

第1部 核の世紀末に生きて(核の世紀末に立って;東ヨーロッパの民主革命と科学技術;湾岸戦争と核の世紀末;美浜原発事故が示した原発推進体制の末期的症状)
第2部 来るべき世界への構想力(今、何が起こっているのか;生産的価値から相互的価値への価値転換;共生型社会の構想)

出版社内容情報

チェルノブイリや湾岸戦争が明らかにしたように、今世紀、人間が造り出した科学・技術は人間を含む地上の生命を根本から脅かしている。その矛盾の根源を辿り、自然と社会との共存の原理を探る来世紀の科学を模索。