フォーラム人間の食<br> 食の現代社会論―科学と人間の狭間から

個数:
電子版価格
¥5,940
  • 電書あり

フォーラム人間の食
食の現代社会論―科学と人間の狭間から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月26日 04時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 444p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784540201097
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C1330

出版社内容情報



(公財)味の素食の文化センター[アジノモトショクノブンカセンター]
企画・原案

伏木亨[フシキトオル]
編集

目次

第1部 科学で見えた食の姿―動物から人へ(生理学・行動学からみた人類の食;食文化の形成とヒトの嗅覚・味覚;言葉で表される食の感性―テクスチャー用語を中心に ほか)
第2部 現代の食の姿(視覚化される味覚―「インスタ映え」と「#ハッシュタグ」の言語/情報社会学;料亭にみる現代の食;豊食と崩食の間―甘みのある食 ほか)
第3部 科学技術と食文化変容(現代社会がもたらした調理の変容;科学で管理される食の光と影;植物資源循環をめざす次世代型牛肉生産―牛肉におけるFun to Eat ほか)

著者等紹介

伏木亨[フシキトオル]
1953年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。農学博士。京都大学教授、龍谷大学教授を経て、現在、甲子園大学副学長、京都大学名誉教授。専門分野は、食品・栄養科学。おいしさのメカニズム解析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。