納豆の食文化誌

個数:

納豆の食文化誌

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年12月01日 22時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 301p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784540181177
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0039

出版社内容情報

納豆はご飯のおかず? 調味料?  味噌、醤油と並んで和食に欠かせない納豆は、アジア全域でもおなじみのソウルフード。でも各地の納豆を見れば、トウチや魚醤と同じく調味料としてや、チーズがない時期の代用品として使われたり、植物の葉や段ボール箱の中で自然発酵させたり……地域によって納豆の姿はさまざま。日本では、かつて「ハレ食」だったのが、現在は健康食として、伝統食材としても見直され始めています。
地域や時代につれて変遷をとげる「アジア・日本の納豆」の深い世界を、豊富な写真や図版とともに伝えます。

内容説明

納豆はおかず?調味料?アジア・日本の豊かな発酵世界を探る。古くて新しいアジアのソウルフード!

目次

はじめに―アジアに広がる納豆食文化
植物で決まる納豆の味
稲ワラ納豆の消滅
ワラ文化と納豆
アジアのおかず納豆
日本の発酵大豆とご飯にかける納豆
東北の調和料納豆
アジアの調味料納豆
ヒマラヤの調味料納豆
カビで発酵させる納豆
タイ・バンコクの納豆事情
おわりに―納豆食文化の形成

著者等紹介

横山智[ヨコヤマサトシ]
名古屋大学大学院環境学研究科教授。1966年、北海道生まれ。1992~94年まで青年海外協力隊員としてラオスで活動。筑波大学大学院博士課程地球科学研究科地理学・水文学専攻中退。熊本大学文学部助教授(准教授)などを経て、現職。博士(理学)。専門分野は文化地理学、東南アジア地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ようはん

14
納豆関連の本はいくつか読んできてアジア方面にも納豆があるのは知ってはいたけど、大豆ではなくピーナッツを使用したり発酵に藁ではなくシダを使用したりと日本にしろアジア諸国にしろ納豆文化はここまで多様性があるのかと感じた。2021/09/22

Hiroki Nishizumi

2
納豆は日本独自の食文化ではなかったこと、ハレの日に出されていたものだったこと、納豆菌というものはないこと、など参考になった。いろいろ先んじて調べている人がいるものだ。2021/08/17

takao

1
ふむ2021/08/12

Go Extreme

1
アジアに広がる納豆食文化 植物で決まる納豆の味 稲ワラ納豆の消滅 ワラ文化と納豆 アジアのおかず納豆 日本の発酵大豆とご飯にかける納豆 東北の調和料納豆 アジアの調味料納豆 ヒマラヤの調味料納豆 カビで発酵させる納豆 タイ・バンコクの納豆事情 納豆食文化の形成2021/07/31

chuji

1
久喜市立中央図書館の本。2021年6月初版。初出Webサイト「のう地」2020年6月~12月。加筆・修正と書き下ろし。オイラは毎晩納豆を食する。図書館の新刊コーナーにあったので借りた本。納豆は奈良時代からあり、昭和初期迄はハレの日の食べ物だったとのことです。亜細亜では色々な納豆があるのです。2021/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18063265

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。