シリーズ鳥獣害を考える<br> かわいい目のシカが害獣ってどうして?

個数:

シリーズ鳥獣害を考える
かわいい目のシカが害獣ってどうして?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月21日 02時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 39p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784540102615
  • NDC分類 K615
  • Cコード C8745

目次

シカって、どんな動物?(シカの種類とすみか;シカのからだ;シカのエサって、なに?;シカの一生と一年のくらし)
なぜシカは害獣とされるの?(人間とのかかわりあい;なぜシカがふえすぎてしまったの?)
こんな被害・あんな被害(山のシカの広がる被害;畑のシカの広がる被害;山からおりてきたシカの被害)
わたしたちにできることは?(人になれさせない;わたしたちが理解すべきこと;人とシカの知恵くらべ)

著者等紹介

井上雅央[イノウエマサテル]
1949年奈良県生まれ。愛媛大学大学院農学研究科修士課程修了。京都大学博士(農学)。奈良県吉野農業改良普及所、農業試験場、(独)農研機構近畿中国四国農業研究センター鳥獣害研究チーム長などをへて、現在、同チーム専門員

金森弘樹[カナモリヒロキ]
1961年島根県生まれ。島根大学農学部林学科卒業。島根県林業技術センターをへて、現在、島根県中山間地域研究センター鳥獣対策グループ科長。1984年以降、ニホンジカ、イノシシ、ニホンザル、ツキノワグマなど野生動物の保護管理と被害対策について調査研究をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。