シリーズ鳥獣害を考える<br> イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?

個数:

シリーズ鳥獣害を考える
イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 21時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 39p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784540102608
  • NDC分類 K615
  • Cコード C8745

目次

イノシシって、どんな動物?(イノシシのからだ;イノシシのなかま;イノシシの一生;イノシシの習性;イノシシの感覚能力;イノシシはかしこい)
イノシシはなぜ害獣とされるの?(人とイノシシのたたかいの歴史;なぜ人の近くでイノシシがふえたの?;生態系に影響をあたえるイノシシ)
こんな被害・あんな被害(農作物の被害;その他の被害)
わたしたちにできることは?(餌づけをしない;イノシシをよせつけない工夫;イノシシに警戒をうながす;人とイノシシの知恵くらべ)

著者紹介

江口祐輔[エグチユウスケ]
1969年神奈川県生まれ。麻布大学および麻布大学大学院博士課程修了。イノシシの行動研究で博士号取得。農林水産省中国農業試験場研究員、麻布大学講師を経て、近畿中国四国農業研究センター鳥獣害研究チーム主任研究員。イノシシ、ニホンザル、ハクビシン、アナグマなどの野生動物や家畜のブタ、ダチョウ、ヒツジ、その他に動物園動物の行動を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)