今日を特別な日にするレシピ―「ちょっといい」暮らしをつくる

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

今日を特別な日にするレシピ―「ちょっといい」暮らしをつくる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月27日 01時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784537214765
  • NDC分類 596.4
  • Cコード C2077

内容説明

毎日料理を作るあなたには、今日という日を特別にする力がある。料理家になったきっかけ、子ども時代のこと、今の自分につながった出来事、料理との向きあい方、忘れられない料理にまつわる思い出…。専門家5人の「食」をめぐるゆるぎない生き方とレシピ集。

目次

小堀紀代美さんの特別な日(親友たちとのにぎやかなランチ;友人と、そのまた友人たちとゆっくりディナー)
若山曜子さんの特別な日(フランスマダムに教わったおもてなし;夫と囲むいつもの食卓)
高谷亜由さんの特別な日(気軽な仲間が集うフリースタイルの飲み会;ご近所さんが集合するベトナム鍋の夕べ)
ワタナベマキさんの特別な日(ばあばも呼んでつむぎ君のお誕生日会;料理じょうずなお義母さんを招いて)
野口日出子さんの特別な日(娘時代の味 父が腕をふるうすき焼き;家族のために作り続けてきた日々の「お膳」)

著者等紹介

小堀紀代美[コボリキヨミ]
料理家。カフェのような食堂のような「LIKE LIKE KITCHEN」(2012年閉店)で料理人兼オーナーを務めた後、現在はアトリエ兼、料理教室「LIKE LIKE KITCHEN」を主宰。口コミで評判が広がり予約の取りにくい料理教室に。さらに料理家として雑誌、書籍、広告でも活躍中

高谷亜由[タカヤアユ]
料理家・料理講師。京都の町屋でベトナム料理とタイ料理の教室「Nam Bo」を主宰

野口日出子[ノグチヒデコ]
料理家。東京・自由が丘にて「野口日出子料理教室」を主宰。現在、テレビ、雑誌、書籍で活躍中

若山曜子[ワカヤマヨウコ]
料理・菓子研究家。東京外国語大学フランス語学科卒業後パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経てフランス国家調理師資格「CAP」を取得。帰国後は雑誌や書籍、テレビのほかカフェや企業のレシピ開発など幅広く活躍中。不定期で料理教室も主宰

ワタナベマキ[ワタナベマキ]
グラフィックデザイナーとして活動後、「サルビア給食室」として料理の道へ転身。自然体かつセンスのよいライフスタイルそのものも人気で雑誌、書籍、広告、テレビで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

予約のとれない料理教室&人気料理家5人の人生の選択、大切にしているもの、そして生き方が詰まったレシピ集。人気料理教室&料理家5人による、美しく、ゆるぎない生き方と、とっておきの日にも毎日にも食べたいレシピを紹介。

料理には、なんでもない一日を特別な日にする力がある

小堀紀代美さんの特別な日
はじまりはコボリ洋菓子店/目指すのは、変わらない味、記憶に残る味/家庭利用理なら、十八番が10品あれば十分/小さなおいしい!が一日を幸せにしてくれる
テーブルその1
親友たちとのにぎやかなランチ 
テーブルその2
友人と、そのまた友人たちとゆっくりディナー
若山曜子さんの特別な日
少女の頃からの目標、フランスへ留学/「今が人生で一番楽しいんだろうなあ」/「とてもフランス人っぽい」かわいいおじいちゃん先生/パリでの暮らしすべてが今につながっている/フランスの味を作りたくて帰国/相手がいるから料理の腕は上がる
テーブルその1
フランスのマダムに教わったおもてなし 
テーブルその2
夫と囲むいつもの食卓
高谷亜由さんの特別な日
京都の町屋でベトナム料理、とっても不思議な組み合わせ/運命の国ベトナムへ!/食卓を囲むことからはじまる国/自分の速度でしか進めない人間だから料理を選んだ/料理一本にしぼるという決断/立ち止まる、受け入れる、流すという生き方
テーブルその1
気軽な仲間が集うフリースタイルの飲み会 テーブルその2
ご近所さんが集合するベトナム鍋の夕べ
ワタナベマキさんの特別な日
ただいま小学4年生の男子、つむぎ君の好物は/お義母さんとは部活の先輩と後輩のような関係!?/日々の食卓が「生きる力」を作る/食べた分だけ幸せがやってくる
テーブルその1
ばあばも呼んで、つむぎ君のお誕生日会 
テーブルその2
料理じょうずなお義母さんを招いて
野口日出子さんの特別な日
「お母さんのごはん」のプロフェッショナルを目指して/野口家の定番が水餃子、おでん、てんぷら、筑前煮の理由/女は家庭を守るもの!?/神様は、のり越えられない試練をお与えにならない/母から娘へ受け継がれる料理教室の席テーブルその1
娘時代の味、父が腕をふるうすき焼き 
テーブルその2
家族のために作り続けた日々の「お膳」

著者プロフィール

小堀 紀代美[コボリ キヨミ]
料理家・料理講師。アトリエ兼料理教室「LIKE LIKE KITCHEN 」を主宰。口コミで評判が広がり予約のとりにく料理教室に。さらに料理家として雑誌、書籍、広告でも活躍中。

高谷 亜由[タカヤ アユ]
料理家・料理講師。京都の町屋でベトナム料理とタイ料理の教室「Nam Bo」を主宰。旅とお酒と料理をこよなく愛する。ベトナムへは年に2回は渡航。

野口 日出子[ノグチ ヒデコ]
料理家。東京・自由が丘にて「野口日出子料理教室」を主宰。料理雑誌の編集者や料理番組の製作者、料理教室の先生、料理研究家など、料理業界に身をおくプロも生徒に多い。

若山 曜子[ワカヤマ ヨウコ]
料理・菓子研究家。東京外国語大学フランス語学科卒業後パリへ留学。ル・コルブンブルーパリ、エコール・フェランディを経てフランス国家調理師資格「CAP」を取得。帰国後は雑誌や書籍、テレビのほかカフェや企業のレシピ開発など幅広く活躍中。

ワタナベ マキ[ワタナベ マキ]
グラフィックデザイナーとして活動後、「サルビア給食室」として料理の道へ。調味料は最低限とするシンプルなレシピでありながらおいしいメニューの提案にファンが多い。自然体かつセンスのよいライフスタイルそのものも人気で雑誌、書籍、広告、テレビで活躍。