Rakuda books<br> 太平洋戦争 封印された真実―仕掛けられた罠と不当な勝者の論理

  • ポイントキャンペーン

Rakuda books
太平洋戦争 封印された真実―仕掛けられた罠と不当な勝者の論理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784537024814
  • NDC分類 210.75

内容説明

戦略指導部の度重なるミス情報分析の錯誤、誤解された物量神話、致命的な兵站思想軽視。日清・日露戦争以来始まった日米対決100年の文明論的意味を問い直す。

目次

第1章 歴史の連鎖の中の「日米百年戦争」―仕掛けられた戦争の罠と不当な勝者の論理
第2章 日清・日露後に始まった日米対決の構図―近代日本が直面した対外戦と外交
第3章 ついに点火された太平洋戦争への導火線―満州事変によって挫折した世界最終戦構想
第4章 誤解された「物量」神話の謎―敗因の一つとされた「物量不足」は勝敗を決めたか
第5章 致命的な兵站思想軽視の謎―生産・補給・輸送こそ国家総力戦の支え
第6章 “見えない戦い”情報戦敗北の謎―エレクトロニクス開発競争に遅れた悲劇
第7章 日本軍新兵器の栄光と悲惨の戦果―敵の新兵器に優る兵器で対戦できたか
第8章 太平洋戦争愚将・弱将列伝―日本を敗戦に導いた将軍・提督たちの素顔
第9章 太平洋戦争の残された疑問―「戦争」の真意究明こそ国際相互理解への第一歩
終章 ふたたび到来した太平洋時代―地球最大の海洋を制御し、新文明の構築へ