人は誰でも間違える - より安全な医療システムを目指して

個数:

人は誰でも間違える - より安全な医療システムを目指して

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 273p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535981751
  • NDC分類 498.12
  • Cコード C3047

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mazda

16
アメリカで1年間に医療ミスで亡くなる人が、4万人とも9万人ともいわれているそうです。航空機の安全性にはうるさいのに、医療ミスに関してはそれほど騒がれないのは、目の届かないところで起きていることだからでしょうか。特に麻酔時のミスの8割以上がヒューマンエラーに起因するとも言われているそうで、システムとして人に判断させることの限界を痛感します。失敗も間違いもあり得るのですが、それがなぜ起きたのか、どうすれば再発しないかを真剣に考えない限り、同じ過ちが繰り返されます。どうすれば防げるのでしょうか…。2020/02/08

しょうご@ケアマネ勉強中

2
安全という、医療や介護の現場で当然のように求められているもの。でもそれを達成するのはとても骨の折れる事で。今でも医療ミスや施設内虐待のニュースが流れる。安全を達成するのに大切なのは、まずエラーの情報を吸い上げること(いわゆるヒヤリハット報告)。そしてそれを分析しフィードバックすることに人手と時間を割くことである。だが、どんな情報を吸い上げるのか、どういう風にそれを分析し、改革していくのかに関しては職場での教育を継続していくことが大切だと思った。危険を感じるアンテナを育てることが安全に繋がっていくと思った。2013/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/262234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。