日評数学選書<br> ユークリッド幾何から現代幾何へ

日評数学選書
ユークリッド幾何から現代幾何へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784535781764
  • NDC分類 414
  • Cコード C3041

目次

第1章 Euclidの幾何
第2章 非Euclidの幾何
第3章 Riemann幾何としての双曲幾何
第4章 Hilbertの幾何

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mft

1
第5公準をできるだけ避けるようにユークリッドの原論も構成されていた、というところから始まり、第5公準を否定した非ユークリッド幾何学は必然的に双曲幾何であるという前半部。Riemann計量を導入して天下り的に導入された双曲幾何のモデルが自然なモデルであることを示す第3部。そしてそこからの発展として Hilbert の第4問題を解説する第4部。という内容だが、正直第3部までを読むので力尽き、第4部は表面的に眺めただけになってしまった。もう一度第4部を読むよりは「曲線と曲面の微分幾何」に進むのがいいかな2017/12/04

植田康太郎

0
元々は数学セミナーの連載だったこともあり、専門書よりかはざっくりとした説明。 ユークリッド幾何からはじまり、双曲幾何、リーマン幾何、ヒルベルト幾何とどんどん抽象的になっていく。 ヒルベルト幾何の章は位相と測度論の知識が必要なので、やや難。 ヒルベルト幾何は色々な前提知識を学んだあと、もう一度再挑戦しよう。2020/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1885026

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。