日本降伏―迷走する戦争指導の果てに

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本降伏―迷走する戦争指導の果てに

  • 纐纈 厚【著】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 日本評論社(2013/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 44pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月19日 04時08分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535586604
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C3021

出版社内容情報

天皇制国家・日本はアジア太平洋戦争に突入、1945年8月、「降伏」に至った。その過程で何があったのか。真の姿を浮き彫りにする


日本の戦争指導/「終戦」と「敗戦」

第1章 開戦を躊躇う 入り乱れる思惑
第2章 迷走の始まり 陸海軍間の角逐と妥協
第3章 混乱を深める 硬直する戦争指導
第4章 抗争を繰り返す 打倒工作から終戦工作へ
第5章 動揺する重臣たち 戦争の継続か終結か
第6章 戦争終結に舵を切る 終戦工作の開始と展開
第7章 昭和天皇を動かす 聖断方式採用の背景
第8章 動揺と決断と 「聖断」決定への経緯

おわりに


【著者紹介】
山口大学文学部教授

内容説明

あの戦争の終わらせ方、終わり方のなかに、戦後日本の原型がある。1945年、ポツダム宣言という形で「降伏勧告」を受けながら、結局ソ連参戦、原爆投下という外圧によってしか「終戦決定」に漕ぎ着けることができなかった日本の政治・政治指導の実態を丁寧な史料の読み込みを元に明らかにし、現在の政治・政治指導の根源を解き明かす。

目次

第1章 開戦を躊躇う―入り乱れる思惑
第2章 迷走の始まり―陸海軍間の角逐と妥協
第3章 混乱を深める―硬直する戦争指導
第4章 抗争を繰り返す―迷走する戦争指導
第5章 動揺する重臣たち―戦争の継続か終結か
第6章 戦争終結に舵を切る―終戦工作の開始と展開
第7章 昭和天皇を動かす―聖断方式採用の背景
第8章 動揺と決断と―「聖断」決定の経緯

著者等紹介

纐纈厚[コウケツアツシ]
1951年岐阜県生れ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、山口大学独立大学院東アジア研究科教授、山口大学理事兼教育学生担当副学長、政治学博士。近現代日本政治史・現代政治社会論、対アジア関係史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件