やっぱり、家で死にたいんだ―都市の在宅医療12年

個数:

やっぱり、家で死にたいんだ―都市の在宅医療12年

  • 提携先に2冊在庫がございます(2018年01月19日 02時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535585485
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C1036

内容説明

安らかで穏やかな死。ひとはみな、わが家での死を望んでいる。家族・知友に囲まれた死、自由度の高い死。仕組みをかえれば私たちは在宅死を選ぶだろう。

目次

医療問題は田舎も東京も同じ
東京に戻って
診療・訪問看護・ホームヘルプ・デイサービス
私の在宅医療と患者さんたち
心豊かに頑張る老人たち
都市の医療と福祉
公的介護保険はいんちき福祉だ
現代医療の問題点
福祉の重要性
潔く死んでいった人たち
満足死
医療・福祉のより良いデザインを求めて
医療・福祉の未来 団塊の世代は処理されざるをえないのか

著者紹介

網野皓之[アミノヒロユキ]
1947年北海道美唄市出身。1972年札幌医科大学卒業・研修。1974年東京大学医学部第四内科入局。1982年公立昭和病院内科勤務。1984年長野県下伊那郡泰阜村診療所勤務。1996年豊島区にて開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ひとは必ず死ぬ。ならば幸せな死とは何か。医療幻想が蔓延するなか、医は福祉との信念のもと、都会で在宅医療を続ける医師の記録。