不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

個数:
  • ポイントキャンペーン

不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 22時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535563506
  • NDC分類 371.45

内容説明

膠着した時間が動き出す。今できていることに光を当て解決の糸を紡ぐ、温かく鮮やかな手法。

目次

第1部 支援に役立つ発想と技法(困難どころを乗り越える支援のポイント;変化を育む会話のプロセス;コミュニケーションの流れが変わる会話のコツ;回復を支える自然的志向とバリデーション)
第2部 さまざまな実践(受験予備校の現場から;高等学校の現場から;精神科病院における心理相談室の実践から―「家族ぐるみ」「病院ぐるみ」セラピーができるまで;社会福祉の現場から;スクールカウンセリングの現場から;児童相談所の現場から―児童相談所らしさを出ないで支援する;対人関係療法によるアプローチ―不登校からひきこもりに移行した20代半ばの女性を通して;ブリーフセラピーとブリーフサイコセラピーのブリーフなお話)

著者紹介

坂本真佐哉[サカモトマサヤ]
神戸松蔭女子学院大学人間科学部心理学科教授。臨床心理士。日本家族研究・家族療法学会認定スーパーヴァイザー。琉球大学法文学部社会学科心理学専攻卒業。民間病院や大学病院、スクールカウンセラーなどを経て、2001年神戸松蔭女子学院大学准教授、2009年より現職。2007年度にはニュージーランドのワイカト大学の客員研究員としてナラティヴ・セラピーについて学んだ。システムズアプローチ(家族療法)、ソリューション・フォーカスト・アプローチ、ナラティヴ・セラピーを臨床実践の柱としている

黒沢幸子[クロサワサチコ]
目白大学人間学部心理カウンセリング学科特任教授。臨床心理士。上智大学大学院文学研究科教育学専攻心理学コース修了後、医療、産業、学校領域のカウンセラー、東京大学客員研究員等を経て、現職。1998年からは、KIDSカウンセリング・システム研究会を故森俊夫氏とともに立ち上げ、ブリーフセラピー等の研修・実践を展開。ソリューション・フォーカスト・アプローチ、ナラティヴ・セラピー等を軸に、学校、思春期・青年期、家族を主な対象として臨床実践を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

不登校・ひきこもり支援の第一線で活動する専門家たちが、からまった糸を解きほぐす臨床心理学の技法をやさしく解説。

第1部 不登校・ひきこもり支援に役立つ発想と技法

第1章 不登校・ひきこもりの困難どころとブリーフセラピーによる支援のポイント

                   …………………坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)

第2章 解決を育む会話のプロセス…………………………田中ひな子(原宿カウンセリングセンター)

第3章 コミュニケーションの流れを変える会話のコツ…安江高子(関内カウンセリングオフィス)

第4章 回復を支えるバリデーションの方法と意味………田中 究(関内カウンセリングオフィス)

第5章 対人関係療法からみた不登校・ひきこもり………安達圭一郎(神戸松蔭女子学院大学)



第2部 さまざまな現場での実践

第6章 受験予備校の現場から………………………………喜多徹人(神戸セミナー)

第7章 特別支援学校の現場から……………………………淺谷 豊(高等学校教員)

第8章 精神科医療の現場から………………………………田崎みどり(長崎純心大学)

第9章 社会福祉の現場から…………………………………長沼葉月(首都大学東京)

第10章 スクールカウンセリングの現場から………………西川公平(CBTセンター)

第11章 児童相談所の現場から………………………………柴田 健(秋田大学)

第12章 臨床心理学研究の現場から…………………………津川秀夫(吉備国際大学)



坂本真佐哉[サカモト マサヤ]
神戸松陰女子学院大学人間科学部心理学科教授

黒沢幸子[クロサワ サチコ]
目白大学人間学部心理カウンセリング学科教授