ホームレス障害者―彼らを路上に追いやるもの

個数:
  • ポイントキャンペーン

ホームレス障害者―彼らを路上に追いやるもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535563094
  • NDC分類 368.2

内容説明

なぜ、障害をもつ人たちがホームレスになってしまうのか?生活保護は有効な支援か?仕事がないのは「自己責任」か?障害児教育に問題はないのか?―どのような人も排除しない、インクルーシブな教育と地域社会のあり方を探る。

目次

第1章 切れた社会的絆
第2章 社会自立に向けた教育
第3章 それでも彼らはホームレスになった
第4章 川崎市のホームレスと支援の道のり
第5章 インクルージョンを目指す教会
第6章 教会で生きる仲間たち
第7章 インクルーシブな社会を目指して

著者紹介

鈴木文治[スズキフミハル]
田園調布学園大学教授、日本基督教団桜本教会伝道師。1948年長野県生まれ。中央大学法学部法律学科、立教大学文学部キリスト教学科卒業。川崎市立中学校教諭、神奈川県立第二教育センター、神奈川県教育委員会、神奈川県立平塚盲学校長、県立麻生養護学校長などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)