子どものこころの理解と援助―集団力動の視点から

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どものこころの理解と援助―集団力動の視点から

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 22時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535563018
  • NDC分類 371.45

内容説明

小此木精神分析研究室の流れを汲む横浜国立大学臨床心理課程のメンバーらがいじめや不登校など学校現場における諸問題を集団力動の視点から読み解く。集団力動的理解による学校問題の解決とは?

目次

第1部 学校における集団力動と投影同一化(投影同一化の歴史的展開と集団への応用;学校集団における投影同一化とこころの痛み)
第2部 子ども自身の問題(不登校;いじめ;関係性としての異常習癖;集団不適応;非行・問題行動;自傷行為;児童虐待;軽度発達障害;からだの問題;こころの問題)
第3部 子どもを取り巻く環境(学校という環境;家庭という環境;インターネットという環境;職場の危機)

著者紹介

馬場謙一[ババケンイチ]
1934年、新潟県に生まれる。東京大学文学部独文科、慶應義塾大学医学部卒業。斎藤病院勤務、群馬大学・横浜国立大学・放送大学・中部大学の教授を経て、現在、南八街病院、上諏訪病院勤務

井上果子[イノウエカコ]
東京都に生まれる。横浜国立大学教育人間科学部教授。1992年、横浜国立大学教育学部講師、助教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)