子どもと親の関係性セラピー(CPRT)―10セッションフィリアルセラピーモデル

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どもと親の関係性セラピー(CPRT)―10セッションフィリアルセラピーモデル

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 328p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784535562691
  • NDC分類 146.8

目次

CPRTの歴史・発展・目的
CPRTの特徴
CPRTフィリアルセラピストのトレーニングとスーパーヴィジョン
CPRTのプロセスを促進する要素
CPRTで取り扱うスキル、概念、態度
10セッションのCPRTトレーニングプロセス
CPRTトレーニングセッション1 トレーニングの目的と反映する対応
CPRTトレーニングセッション2 プレイセッションの基本原則
CPRTトレーニングセッション3 親子プレイセッションのスキルと手順CPRTトレーニングセッション4 スーパーヴィジョンの方式と制限設定
CPRTトレーニングセッション5 プレイセッションスキルの見直し
CPRTトレーニングセッション6 スーパーヴィジョンと選択肢を与えること
CPRTトレーニングセッション7 スーパーヴィジョンと自尊心を育てる対応
CPRTトレーニングセッション8 スーパーヴィジョンと励ますvs.ほめる
CPRTトレーニングセッション9 スーパーヴィジョンとスキルの適用
CPRTトレーニングセッション10 評価とまとめ
親と子どもからの質問、CPRTトレーニング中に生じる問題と解決策
他の形式による10セッションCPRTモデル
CPRT研究成果

著者紹介

ランドレス,ゲリー・L.[ランドレス,ゲリーL.] [Landreth,Garry L.]
ノーステキサス大学カウンセリング学科教授、プレイセラピーセンター創設者。プレイセラピー協会(Association for Play Therapy:APT)名誉会長。子ども中心療法(Child‐Centered Play Therapy)の発展と普及活動で国際的に知られている。ランドレス教授が考案した子どもと親の関係性セラピー(Child Parent Relationship Therapy:CPRT)は、親教育ベストプラクティス賞受賞。APT特別功労賞、APT研究賞受賞

ブラットン,スー・C.[ブラットン,スーC.] [Bratton,Sue C.]
ノーステキサス大学カウンセリング学科教授、現在、プレイセラピーセンターセンター長。プレイセラピー協会(Association for Play Therapy:APT)前会長。近年は、学校におけるプレイセラピーとCPRTの効果測定の研究に専念

小川裕美子[オガワユミコ]
ノーステキサス大学大学院博士課程修了。臨床心理士。RPT‐S(米国プレイセラピー協会認定プレイセラピスト・スーパーバイザー)。東京都内の教育相談所勤務の後、ノーステキサス大学でゲリー・ランドレスの指導を受け博士号を取得。幼稚園や小学校でのカウンセリング、里子養子支援、個人クリニックなどを経験後、現在はニュージャージー市立大学大学院カウンセリング学科で教鞭をとっている。専門は、臨床心理学、遊戯療法、親トレーニング、スーパービジョン

湯野貴子[ユノタカコ]
国際基督教大学大学院博士前期課程修了。臨床心理士。RPT‐S(米国プレイセラピー協会認定プレイセラピスト・スーパーバイザー)。現在、ファミリーメンタルクリニックまつたに臨床心理士、静岡大学大学院・桜美林大学大学院非常勤スーパーバイザー・非常勤講師。また、日本ユニセフ協会東日本大震災緊急支援本部心理社会的ケアアドバイザーとしても活躍。専門は、臨床心理学、精神分析的心理療法、遊戯療法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

プレイセラピーのスキルを親に教え、親自身が子どもとプレイセッションを行うというCPRTトレーニングについて解説。

第1章  CPRTの歴史・発展・目的
第2章  CPRTの特徴
第3章  CPRTフィリアルセラピストのトレーニングとスーパーヴィジョン
第4章  CPRTのプロセスを促進する要素
第5章  CPRTで取り扱うスキル、概念、態度
第6章  10セッションのCPRTトレーニングプロセス
第7章  CPRT トレーニングセッション1 トレーニングの目的と反映する対応
第8章  CPRT トレーニングセッション2 プレイセッションの基本原則
第9章  CPRT トレーニングセッション3 親子プレイセッションのスキルと手順
第10章  CPRT トレーニングセッション4 スーパーヴィジョンの方式と制限設定
第11章  CPRT トレーニングセッション5 プレイセッションスキルの見直し
第12章  CPRT トレーニングセッション6 スーパーヴィジョンと選択肢を与えること
第13章  CPRT トレーニングセッション7 スーパーヴィジョンと自尊心を育てる対応
第14章  CPRT トレーニングセッション8 スーパーヴィジョンと励ます vs. 褒める
第15章  CPRT トレーニングセッション9  スーパーヴィジョンとスキルの適用
第16章  CPRT トレーニングセッション10 評価とまとめ
第17章  親と子どもからの質問、CPRTトレーニング中に生じる問題と解決策
第18章  他の形式による10セッションCPRTモデル
第19章  CPRTの研究成果