• ポイントキャンペーン

子ども臨床へのまなざし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535562639
  • NDC分類 493.937

目次

1 子どものこころに出会うとき―発達の視点から(子どものうつ病と家族の問題;生活指導実践の困難点―先生は何を見落すか;発達段階別にみた子どもの情緒的問題 ほか)
2 子どもの未来をみつめて―治療に求められること(落ち着きのない子どもたちとの治療的かかわりから考えたこと;発達障害という事実を受け止めるために―インフォームド・コンセントをめぐって;精神的健康 ほか)
3 子どものこころに寄り添って―自閉症児とともに育つ(自閉症児の生き方をどうとらえるか;自閉症児のことばの指導;自閉症児の療育キャンプ ほか)

著者紹介

村田豊久[ムラタトヨヒサ]
1935年生まれ。1966年九州大学大学院医学研究科修了、医学博士、精神科医師。九州大学医学部附属病院、パリ大学医学部医学心理学教室留学、福岡大学医学部助教授、福岡大学病院客員教授、九州大学教育学部教授、西南学院大学教授等を経て、現在村田子どもメンタルクリニック院長。発達障害の病理と治療、子どものうつ病、精神疾患の予後などを研究。また自閉症児のための「土曜学級」をはじめとする、子どものこころの臨床家として長年携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)