• ポイントキャンペーン

交流分析―心理療法における関係性の視点

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535562295
  • NDC分類 146.8

目次

1 アプローチ(ベアトリスの物語;自己の発達;作業同盟を結ぶ)
2 関係のダイナミクス(転移;逆転移;性愛的転移;文化という視点から見た転移関係)
3 治療的な交流(共感的な交流;集団精神療法;セラピーと〈P〉の自我状態)
4 より大きな理論への発展(TAのいろいろな側面;さようならの言い方)

著者紹介

ハーガデン,ヘレナ[ハーガデン,ヘレナ][Hargaden,Helena]
国際TA協会教授会員(TSTA)。ロンドン南東部にて開業し、臨床家へのTAの教育・スーパーバイズにいそしむ

シルズ,シャーロット[シルズ,シャーロット][Sills,Charlotte]
国際TA協会教授会員(TSTA)。ロンドン西部のMetanoia Instituteにて交流分析部門の部長を務める

深澤道子[フカザワミチコ]
東京生まれ。早稲田大学文学部、イリノイ大学社会福祉大学院卒。アメリカで10年にわたり精神病院などに勤務、聖マリアンナ医科大学助教授、早稲田大学文学部教授を経て、早稲田大学名誉教授。国際TA協会教授会員(TSTA)。日本交流分析学会理事、日本TA協会元会長

門本泉[カドモトイズミ]
早稲田大学大学院文学研究科(修士)修了。現在、川越少年刑務所分類審議室調査専門官。臨床心理士、国際TA協会準教授会員(PTSTA)

金丸隆太[カネマルリュウタ]
早稲田大学大学院文学研究科(修士)修了。現在、茨城大学大学院教育学研究科講師。臨床心理士、国際TA協会認定交流分析士(CTA)、TA101インストラクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)