家族関係学入門―ケースで学んだ家族のライフコース

個数:
  • ポイントキャンペーン

家族関係学入門―ケースで学んだ家族のライフコース

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 22時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535562066
  • NDC分類 367.3

目次

第1章 人の成長と家族―家族をとらえる視点
第2章 結婚―自分たちの家族の形成
第3章 夫婦―この多様な関係
第4章 子どもの誕生―乳児、この不思議な存在
第5章 子どもの成長―自我を育む家族
第6章 家族と社会―学童のいる家族の生活
第7章 家族の絆―思春期と中年期の心理
第8章 世代をつなぐ家族の機能―子に支えられる人生の肯定

著者紹介

瓜生武[ウリウタケシ]
1931年出生。1956年早稲田大学大学院文学研究科(心理学専攻)修了。1955年東京家庭裁判所家庭裁判所調査官補。1958年家庭裁判所調査官に任官。以後、東京、大阪、横浜、松江、名古屋の各家庭裁判所に勤務。1991年名古屋家庭裁判所首席家庭裁判所調査官を退職。以後、お茶の水女子大学講師、帝京大学非常勤講師、日本犯罪心理学会会長などを経て、現在、昭和女子大学非常勤講師、家庭裁判所調査官研修所臨時講師、財団法人日本調停協会連合会研修委員会委員、社団法人家庭問題情報センター専務理事