悩みを抱えられない少年たち

個数:

悩みを抱えられない少年たち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535560734
  • NDC分類 368.7
  • Cコード C3011

内容説明

本書は、著者が非行臨床に従事して20年目の区切りとなる二冊目の単著である。『犯罪白書』の執筆などの刑事政策研究に現在従事していることもあって、少年非行に関する社会の対応を含めたマクロ的視点が加味されたものになっている。新聞記事ひとつで少年問題全般が論じられることが少なくないなかで、みずからの臨床経験と客観的データをもとに、少年非行を素材として子どもの変質と大人の対応について、冷静に分析したいと考えたのが、本書執筆の動機である。非行のみならず、少年やその家族の援助にかかわる方に少しでもお役に立つことができれば幸いである。

目次

第1章 悩みを抱えられない少年たち
第2章 少年非行は本当に凶悪化しているのか
第3章 非行臨床から精神医学をみる
第4章 非行少年への援助
第5章 家族への心理的援助
終章 大人は何ができるのか―必要な逡巡のとき