スタディガイド 入門マクロ経済学(第5版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535555181
  • NDC分類 331
  • Cコード C3033

内容説明

中谷巌『入門マクロ経済学』「第5版」の要点解説・問題集。ポイント解説や疑問に答える「コラム」を読み、正誤・選択・計算・記述問題を解くことで、マクロ経済学の体系を身に付ける。マクロ経済学理解の最短コース。

目次

1 イントロダクション(日本経済はどう動いてきたか;GDPの概念と物価指数;マクロ経済学における「短期」と「長期」)
2 短期モデル―需要サイドを主とした分析(所得はどのように決まるか;貨幣の需給と利子率;IS‐LM分析と財政金融政策;国際マクロ経済学)
3 長期均衡への調整―供給サイドを考慮した分析(短期モデルと長期均衡モデルの比較;物価水準はどのように決まるか;インフレとデフレ;経済成長の理論)
4 消費・投資(消費と貯蓄;投資決定の理論)
5 マクロ経済学の新潮流(マクロ経済理論の新展開;マクロ経済政策の有効性について;エピローグ―バブル崩壊以後の日本経済とマクロ経済学)

著者等紹介

大竹文雄[オオタケフミオ]
1961年京都府宇治市生まれ。京都大学経済学部卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。大阪大学経済学部助手、大阪府立大学経済学部講師などを経て、大阪大学社会経済研究所教授。大阪大学博士(経済学)。著書『日本の不平等』(日本経済新聞社、2005年)は、2005年に日経・経済図書文化賞とサントリー学芸賞、2006年にエコノミスト賞の3賞を受賞。2006年に、実証面や政策面を中心に優れた経済学研究を行った50歳未満の経済学者に与えられる日本経済学会・石川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さわ

3
中谷マクロの演習書として使用。計算問題が怠いが、基本的な事項は網羅されている。公務員を狙っている人なら、この本だけで対応できると思われる。院試のマクロで難しい問題が出なければ、十分効果を発揮する。2016/09/19

びゅうし

3
まさにスタディーをガイドしてくれるけど、ちょいちょい間違いがあるのとこれだけではまとまりすぎてて理解ができないことがあるので中谷マクロなどを参考にしながら進めよう!2012/10/05

がっち

2
公務員対策。何周しても良い本。これほどよい問題集兼参考書はない。院試では必須のものであると思う。2012/07/31

非合理

1
公務員試験と経済学検定のマクロ経済学はこれ一冊でどうにかなる。2016/08/09

海二見

1
計算問題のみ読了2015/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/142543

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。