行動意思決定論―経済行動の心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535554771
  • NDC分類 141.8

内容説明

モノを買うとき、どこかへ行くとき、人はどのように決めているのか。心理学・経営学・経済学・工学など、学問分野を横断して応用される行動意思決定論をきっちり解説する。

目次

第1部 行動意思決定論とその考え方
第2部 選好逆転現象とその説明
第3部 期待効用理論とその反例
第4部 意思決定とプロスペクト理論
第5部 フレーミング効果とその説明
第6部 意思決定のプロセスとその理論

著者紹介

竹村和久[タケムラカズヒサ]
1960年生まれ。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士(学術)。光華女子短期大学家政科講師、筑波大学大学院システム情報工学研究科助教授、カーネギーメロン大学社会意思決定学部フルブライト上級研究員などを経て、早稲田大学文学学術院教授、同大学意思決定研究所所長、同大学理工学総合研究センター兼任研究員。専門は、社会心理学、意思決定論、消費者行動論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)