鑑定不正―カレーヒ素事件

個数:

鑑定不正―カレーヒ素事件

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535525986
  • NDC分類 326.23
  • Cコード C3032

内容説明

カレーヒ素事件は不正な鑑定による冤罪事件だ。本書は鑑定不正の実態をわかりやすく解説する。

目次

第1章 カレー毒物混入事件(1998年7月25日)
第2章 2017年和歌山地裁決定における重大な転換
第3章 亜ヒ酸は同一ではなかった
第4章 科警研鑑定と中井鑑定の関係
第5章 第2審から再審請求まで
第6章 林真須美頭髪鑑定の問題点
第7章 職権鑑定
第8章 世界の動向と裁判の問題点

著者等紹介

河合潤[カワイジュン]
1957年生まれ、東京大学工学部工業化学科卒、東大工博。現在、京都大学大学院工学研究科教授(材料工学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gtn

19
林死刑囚の自宅にあった亜ヒ酸と、カレーに混入されたものは別物ということを、本書でこれでもかといわんばかりに化学的に立証。その意味で「疑わしきは被告人の利益に」という過去の判例に沿っても、林を無罪と推定すべきであろう。だが、本書の目的ではないので触れていないが、林でなければ誰が何の目的にというモヤモヤは残る。2023/03/18

てくてく

6
カレーヒ素事件で用いられたとされるヒ素が容疑者宅に有ったものとは科学的に立証できたとは到底言えないこと、さらに当時市内にはかつて販売されていたヒ素がかなり残っており、「稀少」なヒ素を容疑者が用いたとは言えないにもかかわらず、そのようなストーリーが作られ、さらに裁判官がそれをうのみにしている様を批判していることはよくわかった。ただし、材料工学専攻の研究者による叙述であったため、途中揶揄されてる様に、文系には少々理解が難しいところもあった。 2021/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18310488
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。