マーケティングを学んだけれど、どう使えばいいかわからない人へ

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

マーケティングを学んだけれど、どう使えばいいかわからない人へ

  • ウェブストアに259冊在庫がございます。(2024年05月18日 16時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534059833
  • NDC分類 675
  • Cコード C0063

内容説明

P&G、ロート製薬、ロクシタン、スマートニュースなどで数々の実績を出してきた著者が明かす、これ以上わかりやすくできないWHOとWHATのシンプルな原則。そもそもの定義が曖昧、たくさんあるマーケティング用語、「○○マーケティング」など時代とともに増え続ける方法論や手法。「マーケティングの樹海」を抜け出すためのコンパスとなる本。

目次

第1章 なぜ、多くの人が「マーケティングの樹海」に迷い込んでしまうのか?―マーケティングをめぐる、さまざまな誤解
第2章 マーケティングとは「価値づくり」―マーケティングを理解するためのもっとも大切な「価値」の話
第3章 価値は「お客さま」と向き合うことでわかる―価値をどう知り、どうつくるか
第4章 0から1、1から10、10から1000へ―継続的なグロースの実現
第5章 マーケティングとブランディング―一過性と継続性と離反、そしてブランディングへ
第6章 マーケティングで継続的に「価値」を高め続ける―企業も人も、価値を生みだすことで成長し続ける

著者等紹介

西口一希[ニシグチカズキ]
Strategy Partners代表取締役。1990年大阪大学経済学部卒業後、P&Gに入社。ブランドマネージャー、マーケティングディレクターとして「パンパース」「パンテーン」「プリングルズ」「ヴィダルサスーン」などのブランド担当。2006年ロート製薬に入社。執行役員マーケティング本部長として「肌ラボ」「Obagi」「デ・オウ」「ロート目薬」などの60以上のブランドを担当。2015年ロクシタンジャポン代表取締役。2016年にロクシタングループ過去最高利益達成に貢献し、アジア人初のグローバルエグゼクティブコミッティメンバーに選出、その後ロクシタン社外取締役戦略顧問・2017年にスマートニュースへ日本および米国のマーケティング担当執行役員として参画。2019年株式会社Strategy Partnersの代表取締役として事業戦略・マーケティング戦略のコンサルタント業務および投資活動に従事。戦略調査を軸とするM-Force株式会社を共同創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ロクシェ

16
評価【◎゚】マーケティングの本質部分にフォーカスして書かれた入門書。中学校では2021年度から「プログラミング教育」が必修化されましたが、マーケティングこそ学生時代に学んでおくべき分野だと感じます。たとえば新卒の就職活動とは「WHO(企業の採用担当者)」に「WHAT(社会人としての自分の期待値)」を商品として売り込む儀式にほかなりません。就活の難易度が跳ねあがるのは、「何だかよくわからない商品(自分)」を「何だかよくわからない人(企業)」に売り込もうとするから。『ドリルを売るには穴を売れ』もおすすめです。2023/05/23

Meme

13
顧客起点の前著をかなり平易に仕立て直した内容でした。それだけ悩めるマーケターの裾野が広いんだと思います。私は前著のほうが好きです。本著の想定読者ではないのは直ぐに分かりました、が自分の経験を思い起こす良い機会になりました。優れたマーケティングが増えれば社会はもっと創造価値に溢れます。その意味で本著は意義深いです。2023/04/27

tuppo

4
マーケティングとは価値を生み出すこと。お客様がどんな価値を感じているかを見定めそれを研ぎ澄ます中で価値を高めたり新しく作っていく。物を売れる仕組みなど手段にすぎない。それを目的にするとお客様を騙す方向に進んでいってしまう。 2024/02/03

Yuichi Tomita

4
再読。とても良い本です。考え方を見習いたいと思います。2023/08/27

林原琢磨

4
方法論ばかり取りざたされてカオスになってしまっている「マーケティング」について、つまりその本質はどういうものなのか、何を軸に据え、どういう順番で考えていったらいいのかなどを、すごく分かりやすくシンプルにまとめてくれている本です。とりあえず、ビジネス一年生はみんな一度は目を通した方がいいんじゃないでしょうか。この本を最初に読んでから、より詳細に特化したハウツー本にシフトしていった方が、ビジネスの実力は備わるのではと思いました。2023/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20504429
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。