資産が自動的に増えるインデックス投資入門―現役クオンツがやさしく教える

個数:
電子版価格
¥1,815
  • 電書あり

資産が自動的に増えるインデックス投資入門―現役クオンツがやさしく教える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 00時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534059529
  • NDC分類 338.8
  • Cコード C0033

出版社内容情報



冨島 佑允[トミシマ ユウスケ]
著・文・その他

内容説明

資産運用で最も大切なのは「大きな失敗をしないこと」です。本書では、「なぜ、インデックス投資が優れているのか」をクオンツの立場から理論的にわかりやすく説明するとともに、失敗を極力避けて自動的かつ安定的にお金を増やす手法について具体的な手順を交えながら解説します!

目次

第1章 「資産運用」ってそもそもどういうこと?(なぜ「投資」を学ぶ必要があるのか?;「長期」「分散」「積立」を徹底せよ ほか)
第2章 インデックス投資について詳しく知ろう(そもそも「インデックス」って何?;インデックス投資の仕組み ほか)
第3章 初心者にはお勧めしない投資法(インデックス投資以外が初心者に不向きな理由;オススメしない投資1 FX(外国為替証拠金取引) ほか)
第4章 インデックス投資を実際にやってみよう(投資を始める8ステップ;ステップ1 目標を設定する ほか)
第5章 運用を「続ける」ために知っておくべきこと(「配分変更」と「リバランス」;こんなときどうする?)

著者等紹介

冨島佑允[トミシマユウスケ]
クオンツ。CFA協会認定証券アナリスト。1982年福岡生まれ。京都大学理学部卒・東京大学大学院理学系研究科修了(素粒子物理学専攻)。大学院時代は世界最大の素粒子実験プロジェクトの研究員として活躍。その後メガバンスにクオンツ(金融工学を駆使する専門職)として採用され、債券、株、デリバティブ等の様々な資産の運用を担当。ニューヨークでヘッジファンドのマネージャーを経験後、現在は保険会社の運用部門に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ray

2
☆3 インデックス投資信託。全世界型、為替ヘッジなし。税優遇される制度を使えばETFより有利。(ただし、途中で引き出さないこと)2022/11/22

ロックスターKJ

1
評価:★★★☆☆ 3点 長期・分散・積立をすすめる基本に忠実な内容のインデックス投資本だった。今から投資を始めたいという人にはいい内容だと思う。2023/04/16

saikinnunndou

0
全世界株インデックスへの長期積立の方法が間違っていないことを再認識させてくれる。債権も書かれていて良い。以下再認識。全世界株式インデックスを一定額で長期積立。危機が訪れた時に最もやってはいけないことは、うろたえて株式を売却し損失確定すること。これは何度言ってもいい足りない重要なメッセージ。投資対象は株式と債権だけでいい。割合は、株式は(100-年齢)%、債権は年齢%。時間分散は最低でも5,6年見る。IMFより景気循環のサイクルは5,6年。6年かけて毎月定額積立すれば購入タイミングリスクをかなり低減できる。2023/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20091557
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。