「運命」と「選択」の科学―脳はどこまで自由意志を許しているのか?

個数:

「運命」と「選択」の科学―脳はどこまで自由意志を許しているのか?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月19日 01時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534058379
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0045

出版社内容情報

未来はどこまで変更可能なのか? 遺伝と自由意志の境界線に脳神経科学者が新感覚で斬り込む!

内容説明

肥満の運命から逃れられる?長続きするカップルの遺伝的特性とは?子どもの知性は遺伝で決まる?ゲノムで解読できる病気の発症リスク。予定された未来は再設計できる!?遺伝的に運命づけられた「行動」と自分でコントロールする「決断」の境界線を最新脳科学で探る!

目次

第1章 自由意志か、運命か?
第2章 成長する脳―生涯を通じて脳はどのように変化するのか
第3章 空腹な脳―遺伝的に組み込まれた「食欲」の実態
第4章 いつくしむ脳―恋愛、親子愛、友情の生物学的意味
第5章 認識する脳―現実は意識の中でどのように形成されるのか
第6章 信じる脳―信仰のかたちを神経科学から読み解く
第7章 予測できる脳―未来は変えられるのか
第8章 協力する脳―科学を現実社会に適用する

著者等紹介

クリッチロウ,ハナー[クリッチロウ,ハナー] [Critchlow,Hannah]
神経科学者。ケンブリッジ大学の研究員。若手の研究者として注目され、「Top 100 UK scientist」に選出される。テレビやラジオにも専門家として多数出演している

藤井良江[フジイヨシエ]
神戸女学院大学文学部卒業

八代嘉美[ヤシロヨシミ]
東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士。専門は幹細胞生物学、分子生物学、科学技術社会論(再生医療の社会受容・経済性、バイオアートやSFなどにおける生命科学の表象)。慶應義塾大学、京都大学等を経て、慶應義塾大学医学部生理学教室訪問教授、神奈川県立保健福祉大学イノベーション政策研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。