小さな会社の“人と組織を育てる”業務マニュアルのつくり方

個数:

小さな会社の“人と組織を育てる”業務マニュアルのつくり方

  • ウェブストアに80冊在庫がございます。(2021年12月02日 14時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784534057976
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

出版社内容情報

人を育てて会社の生産性をアップするマニュアルのつくり方。

内容説明

なぜ、社内の大事なノウハウ・技術が共有されないのか?1500以上のマニュアルを手掛けた著者が劇的に生産性がアップする作成ポイントを伝授。

目次

第1章 マニュアルで得られる5つの成果(生産性が劇的に上がる―「仕事の基準」づくりが、生産性向上の第一歩;優秀な人材の流出が防げる―定着率のアップ、採用コストの大幅ダウン ほか)
第2章 成果が上がるマニュアルの捉え方(マニュアルは、リターンの良い投資;マニュアルは、現場の知恵を会社の財産にする ほか)
第3章 成果が上がるマニュアルの作り方 ステップ1(マニュアル作成の基本;テーマの選定と目標の設定 ほか)
第4章 成果が上がるマニュアルの作り方 ステップ2(8つの要素とフォーマット;成果が上がる原稿の作成 ほか)
第5章 マニュアルで人と組織を育てる(マニュアルを徹底的に活用する;マニュアルの改訂を繰り返す ほか)

著者等紹介

工藤正彦[クドウマサヒコ]
1951年、北海道生まれ。明治大学卒業後、(株)日本リクルートセンター(現リクルート)を経て、マニュアル作成・活用の専門会社である株式会社クオーレを設立し、様々な業種業界のマニュアル導入コンサルティング業務に携わる。マニュアルの積極的な定義や基本要件などを明確にして、「成果を上げる仕組み」としてのマニュアルづくりを提唱している。これまでに1500タイトル以上のマニュアルや動画コンテンツを手掛ける、自称“マニュアル屋”である。産業能率大学通信教育の教材執筆も手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tetsubun1000mg

5
中小企業クラスの業務マニュアル作成テキストとしてはわかりやすい本でした。 入門クラスとして具体的に記述があるので説明しやすい構成になっている。 中級以上では前半部分は使わない内容が多く不満も残る。 大企業とは社員のレベルも違うのでこれぐらいが導入しやすいのかなとも感じた。2020/11/11

かやは

4
マニュアルの作り方そのものというよりは、マニュアルを作るまでの過程やその後の活用方法に重点が置かれている。技術職より営業職や接客業向けの本だと感じた。

asagiri_co25

0
マニュアル作成方法だけでなく「なぜマニュアルが大事か」「マニュアルの持つ可能性」といった心構えや作成プロジェクトの運営、反対勢力への対処、マニュアルの活用や改訂まで、まさに小さな会社でマニュアルを作り、活用することについてわかりやすく書かれている。マニュアル記載例も豊富に載っている。自分の業務はかなり流動性が大きく、また紙よりデータでマニュアルを保管することが多いため全て当てはまるものではなかったが、記述方法やわかりにくい例が明らかでこれからのマニュアル作成に大いに活用できると思った。2021/04/06

Go Extreme

0
行動が変わる→考え方(意識)が変わる→成長する(成果が上がる)仏というカタチ→魂 カタチ=行動を優先 はじめに行動ありき マニュアル:現場(個人)の知恵や経験を会社に蓄積・業務改善を効率よく進める・人材を育成・リーダーを育成 生産性向上・人材流出防止・リーダー育成・共有化と蓄積・ベクトルをそろえる 4つの視点:目的・達成基準・手順・生産性基準 1つのフォーマット 再現性と具体 作成・活用・改訂の仕組み2020/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16291314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。