心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ―人間関係がスーッとラクになる

個数:
  • ポイントキャンペーン

心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ―人間関係がスーッとラクになる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 15時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534054357
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0011

出版社内容情報



根本裕幸[ネモトヒロユキ]

内容説明

26の事例でわかる伝え方のコツ。予約の取れない心理カウンセラーが教えるコミュニケーションの不安や怖れが軽くなり、人づき合いが楽しくなる秘訣。

目次

第1章 気づかないうちに相手を怒らせてしまうのはなぜ?(心の立ち入り禁止区域;相手が怒るのは「痛い」とき ほか)
第2章 心の地雷を踏みやすい人がやりがちなこと(何気ない自慢話に相手はイライラ;マイペース≒空気が読めない人 ほか)
第3章 事前に怒らせるポイントを見つけるコツ(人を励ますのは意外と難しい;相手を褒めることに潜む心の地雷 ほか)
第4章 「怒らせた!」と思っても動揺しなくなる方法(怒らせないようにするのは難しい;自己攻撃をなくせば攻撃されない ほか)
第5章 よい関係を築く相手別コミュニケーショントレーニング(プライドが怒りポイントに!?―上司/先輩編;デリケートな部分が多い―お局様編 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆき

2
人にあるパーソナルスペースやマイルールに踏み込んでしまうなどよく知られている怒らせる原因などから、自分の魅力を受け取れていない自信がないことが相手に不快感を与える、完璧主義の自分自身へのダメだしや自己攻撃、慣れや思い込みなどの原因も紹介。また、怒らせないことよりも怒らせたあとに意識を向け罪悪感を持たないようにしたり、怒らせる前に自分をオープンに伝えるという予防などのコツも掲載。2018/08/23

りりあん

1
欠点は個性であり長所の裏返しだから直しちゃダメ、というのは目からウロコ。 自分の欠点を予告したり、ごまかさず素直に謝ることの方が大切なのだという。 確かにそう考えた方が、失敗しないように、と萎縮するよりも、リラックスして良い結果に繋がりそうだ。2018/12/21

ポップ430

1
猫)〇〇しなきゃと思わなきゃ楽になれるんだね〜。犬)僕が怒られるのは領空侵犯のせい?? 猫)領空に近づく前に相談しなきゃね。犬)聞き役の猫は地雷を踏まないってこと? 猫)不満はポイント制、溜まっても利益なしよ。犬)つい正論吐きたくなるんだけど。猫)「どうして〇〇なの?」と疑問形で聞いてみて。犬)隣の奴言うこと変! 猫)ケンカは似た者同士で起きるのよ!2017/05/30

りうかん

1
割と実践的な人との付き合い方を教えてくれる一冊。さらにやっちまったときの対処方法まで教えてくれている一冊。2017/05/02

Ryoko

0
興味深いテーマについて書かれてる本だと思って読み始めた。なるほど~と思える部分もあったけど私だったら、そんな風に捉えないけど。。と思われる部分もあり。結局、受け手の状況、性格などで言葉の解釈の仕方は違ってくるということか。ただ人が怒る時は「痛いところをつかれた時」というのは当たってる(私の場合) 褒め言葉でもどう捉えられるかわからない時は前後に「これは褒め言葉だ」というフレーズをつけるのがいいとあって、これは早速実行させてもらおうと思った。2019/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11160036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。