日経平均の読み方・使い方・儲け方―リスクは抑えて利益を勝ち取る

個数:

日経平均の読み方・使い方・儲け方―リスクは抑えて利益を勝ち取る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月19日 23時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053312
  • NDC分類 338.155
  • Cコード C0033

内容説明

ふつうでマジメな個人投資家のための投資アイデアを大公開。基本から実践まで懇切丁寧に案内します。

目次

第1章 日本株市場は日経平均株価を中心に動いている(世界が認める日本株の顔「日経平均株価」;株価データがあれば誰でもいつでも算出できる株価指数;これで日経平均株価が10円押し上がる;市場全体を表すもうひとつの株価指数「TOPIX」;株式市場で存在感を増す日経平均株価)
第2章 「日経平均株価」という最強ファンドに投資する(日経平均連動型ETFを第一に注目したい理由;何が日経平均株価の値動きの方向性を左右するのか;売買のスタンスはトレンドの局面に応じて決める;逆連動型、2倍連動・逆運同型ETFをどう使うか)
第3章 「日経平均株価」を使った個別株売買のアイデア(日経平均株価の動きを個別銘柄の売買出動の判断に使う;個別銘柄の売買シグナルとしての日経平均株価;日経平均先物の動きをシグナルに使う工夫)
第4章 日経平均株価と個別株を組み合わせて売買する(日経平均株価を使って「市場全体のリスク」を排除する;「個別銘柄の売買+『日経平均株価』の逆売買」の効果;市場の地合に応じて考える「売りヘッジ」「買いヘッジ」)
第5章 日経平均株価の「変動の大きさ」も収益源になる(株価が動くもリスク、動かないのもまたリスク;とりあえず「1枚取引」のための日経平均オプション基礎知識;こんなとき日経平均オプションが活用できる)

著者等紹介

阿部智沙子[アベチサコ]
(有)なでしこインベストメント取締役。茨城大学、東京理科大学卒業。大蔵省(現・財務省)専管の財団法人が発行する金融専門紙の記者を経て、1997年、マーケット情報提供会社(有)なでしこインベストメントを共同で設立。株式、債券、為替を中心としたマーケット分析や売買手法の研究、株式等のトレーディングに携わりながら、その成果を反映する形で執筆活動を行っている。また、日本数学会正会員として、数学・物理分野の企画・コンテンツ制作にも注力中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

指標としての読み方から、連動型ETFの活用法など「日経平均」で儲けるアイデアが満載の一冊。