「ネジザウルス」の逆襲―累計250万丁の大ヒット工具は、なぜ売れ続けるのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

「ネジザウルス」の逆襲―累計250万丁の大ヒット工具は、なぜ売れ続けるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月21日 13時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053145
  • NDC分類 532.067
  • Cコード C0034

内容説明

大阪の町工場が生んだ大ヒット工具「ネジザウルス」。その生みの親が明かす中小企業のための売り伸ばし術!

目次

第1章 一家に一本、ネジザウルス(ソロデビューしたスターの卵;社内公募で誕生!工具業界の「恐竜」 ほか)
第2章 ヒット商品はMPDP理論から生まれる(ヒット商品を探り当てる「魚群探知機」;MPDP理論の実践例―鉄腕ハサミGT ネジザウルスのヒットに続く「もう1つのGT」 ほか)
第3章 私がレンスラー博士です(家庭はいつも工具に彩られていた;家庭教師に救われた劣等性 ほか)
第4章 中小企業は知財戦略で飛躍する(「目からウロコ」の発見がある知財検定;弁理士さんとWin‐Winの関係を築こう ほか)
第5章 発明ほどおもしろい仕事はない(ひらめきは「圧力鍋」から生まれる;新たな発明で進化した「史上最強」のネジザウルス ほか)

著者等紹介

高崎充弘[タカサキミツヒロ]
株式会社エンジニア代表取締役社長。1955年、兵庫県神戸市生まれ。東京大学工学部卒業後、三井造船株式会社に入社。83年、米国レンスラー工科大学修士課程卒業。87年、家業の双葉工具株式会社(現エンジニア)に入社。2004年より社長。02年に発売した「ネジザウルス」をシリーズ累計250万丁の大ヒット工具に育て上げた。13年より、一般社団法人知的財産教育協会に設置された「中小企業センター」の初代センター長も務める。株式会社エンジニアは1948年創業のプロフェッショナル用工具メーカー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

累計250万丁の大ヒット工具「ネジザウルス」。その生みの親が、「ヒットのコツ」を語る。