世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方

個数:

世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月23日 18時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 173p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534048417
  • NDC分類 336.92
  • Cコード C2034

出版社内容情報

語り口調のセミナー形式とイラスト図解で、とにかく大事なポイントを解説。確実に身につく一冊。

■何度勉強しても身につかなかった人へ

初めて決算書の読み方を知りたいと思った人、
これまで何度も解説書を読んだけど結局よくわからなかった人──
本書は、そんな人たちに「まず! これだけは知っていてほしい」ザックリとした
決算書の読み方のポイントを教えます。

■数式なしで、会社数字の「勘どころ」が身につく

「貸借対照表の右側は支払いスピード順で、左側は換金性順で並んでいる」
「右側に『金』(きん)は入らない」
「貸借対照表と損益計算書の利益のつながり」
など、見るべきところを、シンプルな図にして解説。数式はほとんどありません。

■直観的なイメージでポイントのみわかる!

決算書の読み方が身につかないのは、各所にちらばる細かい用語や数字にとらわれて、
実際に見るべきポイントがわかっていないから。
本書は、用語や数式の説明は最小限に抑え、
イラスト図解とイメージ図を使った解説で、まず大事なところを押さえます。

■語り口調のセミナー形式だからやさしい!

解説は、セミナー形式の語り口調。
やさしく読めるのに、決算書で一番大事なところと数字の見方が、
確実に身につく一冊です。

【著者紹介】
1969年生まれ。関西大学卒。大阪の会計事務所勤務を経て税理士資格を取得。その後、通信機器の法人営業、上場企業の経理マンとして有価証券報告書等の作成に携わる。社内講習で簿記の講師を務めたさい、会計初心者向けのオリジナル講義を開発。その後独立し、現在は「どんぶり勘定推奨コンサルタント」。中小企業の社長向けにザックリとした決算書、試算表の読み方をアドバイ スしている。