結果を出し続けるために―ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534047786
  • NDC分類 796
  • Cコード C0030

内容説明

人は、普通に続けられることしか続かない。思考を進化・深化させるために大切な3つのこと。変化が激しい時代の実力の磨き方。

目次

第1章 努力を結果に結びつけるために(対局中の九割は不利な状況を考えている;勝負で大切なこと ほか)
第2章 ツキと運にとらわれずに、最善を選択する(ツキや運、流れ、バイオリズムは変化し続ける;ツキや運に一喜一憂しない ほか)
第3章 一二〇%の能力を出し切る、プレッシャーとの付き合い方(最高のパフォーマンスはリラックス・楽しむ・集中から;プレッシャーがかかっているときは八合目まで来ている ほか)
第4章 結果を出し続けるにはミスへの対応が鍵になる(ミスをしない対局は一年に一回くらい;大きなミス、盲点に入ったミスはすぐに忘れること ほか)
第5章 自ら変化を生み出し、流れに乗っていくために(コツがわからないものほど面白い;真剣に打ち込むことでしか見えない道 ほか)

著者等紹介

羽生善治[ハブヨシハル]
1970年、埼玉県所沢市生まれの八王子育ち。6歳のときに将棋を覚え、1982年の小学生将棋名人戦で優勝。二上達也九段に入門し、プロ棋士養成機関の奨励会に入会。6級から四段までを3年間でスピード通過する。1985年、四段に昇段、史上3人目の中学生プロ棋士となる。デビュー直後の1986年度に、全棋士中で1位となる勝率(0.741)を記録し、将棋大賞の新人賞を受賞。1988年度のNHK杯戦では、大山康晴、加藤一二三、谷川浩司(準決勝)、中原誠(決勝)と、4人の名人経験者を立て続けに下して優勝。1989年、初タイトルの竜王位を獲得(当時、史上最年少の記録)。1994年、九段に昇段。1996年、王将位を獲得し「七大タイトル」すべてを独占、史上初の七冠王となる。2007年12月20日、最年少、最速、最高勝率で史上8人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。