論理的に「話す」技術―PREP法で簡単に身につく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534041234
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0030

内容説明

P:結論を示す。R:理由を述べる。E:事例をあげる。P:結論を繰り返す。このPREP法を活用すれば「論理的な話し方」が身につきビジネスコミュニケーション力が飛躍的にアップする!できるビジネスパーソンの必須スキル。

目次

1章 「論理的に話す」とはどういうことか―ビジネスパーソンとして必須の話す技術
2章 こうすれば身につく基本話力―PREP法の前に知っておきたい話し方の基本ポイント
3章 POINT 「要点から先に」がビジネス話法の原則―要点は何かを探す 要点を決める 要点を言うタイミングを見極める
4章 REASON 「なぜか」にどう答えるか―P(要点)を支えるR(理由)「なぜか」をつきつめることがビジネス力を高める
5章 EXAMPLE 説得力は事例から生まれる―データ・数値・事例…R(理由)をフォローして説得力を高める
6章 POINT 「まとめ」の効果を上げるには―ビジネスでの話の目的は「確実に伝え」「説得する」こと そのために「まとめ」がある
7章 プレゼンテーションに活かす!PREP法活用パターン―できるビジネスパーソンとして情報発信力を鍛える

著者等紹介

大嶋友秀[オオシマトモヒデ]
1959年生まれ。関西大学文学部卒。(株)スピーキングエッセイ代表取締役。2004年日経新聞社主催の英語ビジネスプレゼンテーションコンテスト入賞。国際スピーチ教育機関・トーストマスターズ会員。現在、幅広い営業経験を生かした研修を実施している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

できるビジネスパーソンに必須の能力がコミュニケーション力。その土台が「論理的に話す」技術である。PREP法はあらゆるビジネス場面に応用できる、シンプルにして最強の話の構成法。そのPREP法に沿って「論理的な話し方」を実践的・具体的に解説する。